本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

カテゴリー "音楽・映画 熱い想い!" の記事

映画 【空飛ぶタイヤ】 【メイズランナー 最後の迷宮】

IMG_3979 - コピー
ワールドカップが始まってから
それ見るのに必死の毎日で、ブログ書くのも映画見るのも忘れてました^^

それにしても サッカーは面白い!
最初はあんなに豪快に強かったクロアチアがそのあとは苦戦続き。

長いロシア滞在の期間中に

強くなるチーム
不協和音で弱くなっていくチーム さまざま。

こういう お泊りの 長丁場だと
お国柄 国民性が大きく左右しますね。

日本は ガキの頃から
臨海 ・ 林間学習  修学旅行なんかで
お泊り・結束・仲間意識・団体行動を鍛えてもらってるから
進めば進むほど、泊れば泊まるほど絶対有利。

次回は大きく期待ですね。

★  ★  ★  ★  ★  ★

【空飛ぶタイヤ】

とにかく 日本の役者さん凄いですね!
個性!
ムロツヨシさんに持って行かれ
佐々木蔵之介さんに拉致られ
ディーンフジオカさんにグルグル巻にされて
笹野高史さんに好きなようにされてしまう。。。。

そのようなとっても至福の2時間でした。



【メイズランナー】

迷路関係なくなってるけど
まあまあ面白いです。

平均的な面白さだからそんなにあれこれ語りませんが

なにが凄いかと言うと

監督さんの腕前!!!

一作目より確実に腕あがってます。絶対そう思います。

絵は奇麗し、カメラワークもかっこいい、屋内野外のコントラストも素敵。。。
そういう見方も映画の醍醐味ですよね^^

是非!



※写真

弟子 ハッチともき
【オーシャンズ ハッチ】

映画 ランペイジ

IMG_3557 - コピー
💖 すぐイキル奴 

が、あなたの周りにも一人はいるのではなかろうか?

● ● ● ● ● ● ● ●


🍀 だいたいいつも普通の顔で写る
とてもとても温厚で良い子のハッチだが

仮面ライダーの前で撮ると
なぜか ”イキる ”

めっちゃ イキりよる(#^.^#)/

不思議です。

性(サガ)だろうか。


♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦

さて、
そんなハッチくんと今日は

【 ランペイジ 巨獣大乱闘 】

当たり!  大当たり!

舐めてました。

漫画やと思って舐めてました。

よかったら皆さんも是非 観に行ってください。

💛  💛  💛  💛

キングコング
ゴジラ
エイリアン
ドクターモローの島
バイオハザード

の要素をギュッと凝縮!

それだけでもう面白そうでしょ(^^♪

💖更に
【ハリーとヘンダーソン一家】
を思わせる熱い熱い家族愛。
これがなんとも秀逸です。

※個人の趣味でしょうが実は僕は こういうのがたまらなく好きなのです。

💖そしてこの映画の最大の魅力は ≪絆≫ です。

これをテーマにされたら もう誰れも勝たれへん><

💖漫画にならないように 整合性を持たせようと努力してる脚本。
この手の映画はそんなん無視するのがほとんどなのに本作は凄く丁寧。
起承転結がサクッとではありますがきちんと描かれています。

今年は60作くらい観ましたが
今のところ僕の
1位 グレーテストショーマン
2位 孤狼の血
3位 ランペイジ

・・・・・・・・・・・・

ちなみに 
50ページ中 巨乳の女性が 3ページだけ乱闘する
≪サンページ 巨乳大乱闘≫ と言う漫画はあまりおもしろくありません。

映画 【 孤狼の血 】 感想

【やっぱりちゃんと殺されてくれる石橋蓮司】

💗どういうわけか
5月はやたらと出張が多く、GWから良い調子で忙しかったのですが、
この土日が何の予約も出張もなく まったり。。。。
                   ・

そんな暇な時どうするかと言うと、
ジグソー とか 映画とか。。。。
(映画は暇でなくても見てますが^^)

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
                   

てなわけで、本日は吉備八丸とハッチを連れて

【孤狼の血】

役所広司 × 松阪桃李

🍀  🍀  🍀 

いや~ 面白かったですね~!!

今のところ 今年 1・2位争い
                  

 見どころ1 オープニング

往年のやくざ映画を彷彿とさせる手振れ映像でのスタート!
もうここで、仁義なき戦いファンの心をくぎ付け。
一瞬 深作 欣二監督かな?! と思いました。

                  
2 芝居

ほんまの広島弁がどんなのかしりませんが、
役所広司の台詞がたまらなくいい!
松阪桃李の生きているのだか死んでいるのだかわからない何か秘密のある目が素晴らしすぎる!

                  
3 話し ・ 絵

♦ちゃんとマドンナがいて 色恋があり エロがあり チンコロする奴がいて かくまう者がいる。。。
なんという王道なつくり。
がしかし、
歴代の東映ヤクザ映画を踏襲しつつも ≪サスペンス≫ の要素も取り入れた斬新さ。

♦知ってか知らずか ここぞと言う時に飛び立つ烏

♦ひいてはゴッドファーザーにも通づる 
殺しの際の音楽描写 ← ここ最高です。

♦いつものようにちゃんと無残に殺されてくれる 石橋蓮司

♦などなど、、、見どころ満載

                  
4 トリック

ヤクザ映画には仕掛けなどないと思いますか?

いやあります。
菅原文太が田中邦衛の地図に丸を書くのを見て 

『若杉の兄貴の隠れ家を地図に書き込んで
      サツにチンコロしたのはオドレらか!! 』 


というところは

私の大好きシーンのひとつ。

この孤狼の血 にも そうだったのか! という仕掛けがいっぱいです。
さすがに現代映画です。古臭くありません。

                   
そして最後に タイトル 孤狼の血

誰かの血なのでしょう。 誰かが死なないといけません。

ヤクザ映画で 出演者が死んでこんなに涙が出たのは
酒井の鉄ちゃん以来です。

♦私は 明日 もう一回観に行きます!

🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀 

役所広司作品で私が最も好きな映画

本作か 最後の忠臣蔵←すべての日本映画の中でもかなり好きです。

サヨナラ サヨナラ サヨナラ

                  

実は ジグソーやったのは息子です><


IMG_3513.jpg
IMG_3528.jpg
IMG_3533.jpg
IMG_3539.jpg
IMG_3537.jpg


♦ インフィニティー ウォー ♦

【素晴らしい 終わり方】

★サノス

とにかく サノス につきる映画でした。

日本人が大好きな 人気の出る条件
勧善懲悪 とか 絶対悪 VS 絶対正義 の構図を打ち破る

悪なのか!? いや正義なのか!?
お前の言ってることのほうが正しいのか!?
と、 迷いを生ませる演出 脚本

例えば ≪熊と鮭の物語≫
熊側から見たら、生きるために殺さないといけないし
鮭側から見たら、生きるために逃げないといけないし

どっちサイドから見るかによって印象が変わる。
そういった思いが サノスに対し湧いてきます。
日本人の感性には気持ち悪いですが、これも時代です。
制作者の意図通りでしょう。
                   ・

🍀この映画 なかなか面白かったです。
最高級ではないけれど
≪徹底的にごっちゃまぜにしてとんでもなく都合主義映画大賞≫ があるなら世界一です。

モヤモヤであろうが 違和感であろうが 一番は素晴らしいことです。
                    ・

私は いち映画好きとして
あるところが良くないと好きになりません。

【芝居】 です。

人間が描き出す お芝居の魅力が大好きです。
※緒形拳 成田三樹夫 三國連太郎 渡瀬恒彦 最近では綾野剛

                     ・

サノス役の人が言ってましたが、
『ただ監督の指示通り動いたらそうなってた。』

★サノスの表情
絶妙です。 感情入ります。

ここまで敵の表情にこだわったヒーローものも少ないでしょう。

ただそれが CG だから 芝居していない。

本当に泣いてもないし笑っていない。 CGです。

だから 僕の中で 良い映画ではない。

🍀なのになのに めっちゃくちゃ楽しい2時間半でした。

これって凄いことですよね^^

そのくらい大胆な豪快ごちゃまぜっぷり。

🍀そしてなによりこの映画の最高なのは

≪終わりの1シーン≫

終わり方に技あり!

♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦

僕が選ぶ
スーパーパーフェクト終わり方
ナンバー1は 
●明日に向かって撃て

2位 A ロメロの 
●ゾンビ 

空なら安全だけどヘリコプターの燃料はあと少し。。。。
絶望の果て、、、的な終わり方。 セリフも粋!

ターミネーター2も似てますね。
見えない未来へと進んでいく。。。。。
サラの画でなくナレーションにしたところがとんでもなく印象的です。

そしてそれらの映画は
そのシーンのすぐ後にエンドロール、、、、、

今回の インフィニティ-ウォーの終わりも やはり サノス
素晴らしい終わり方だと思いました。

かえって、続編を作らなくても良いとさえ思えたほどの
モヤモヤの頂点を感じさせてくれ、不安と期待が混然一体となる最後でした。

エンドロール後の映像は 私はいらないと思いました。

皆さま是非!


ogp_avengers-iw_01.jpg

パシフィック リム


【超問題作 パシフィック・リム】

男というものは元来 ええかっこしいです!
自分が一番知ってる
自分が一番詳しい

みたいなことを思ってる、思いたい 
と言った気持ちが多かれ少なかれ。。。。

もちろん私も有象無象にそのグループの中にいる一人なのですが。

🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀

でも私は こと映画に関しては逆で
好きすぎて、他の人の意見を聞くのが大好きです。

あーそういう風に感じてるのか とか、
へーそういう秘密やエピソードがあったのか、
自分の知らない情報を知ることが出来て嬉しいのです。

💗自分と正反対の意見
これも興味深く聞いたり読んだりします。
※一部、意味も分かっていないアホたれの意見は除く

♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦

❶ トゥームレイダー

Tomb Raider を カタカナで トゥームレイダー と書かないといけないあたり、
日本は昭和の時代から変わってないな~ なんて へんな劣等感とノスタルジックな感覚になりますね。

                   
💗そこそこ面白かったです。
前作と役者が変わると、そこに違和感があると言う方がおられますが、
私は結構そこは気にならない、むしろ新しいもの好きです。

ドラえもんにしても ルパンにしても、 二代目さんが、声を先代に寄せていきますが、
私はむしろ切り替えて未来に向けたらいいのにな~なんて思うたちです。

この つーむれーだー 
途中途中 中途半端にまったくお金をかけてないところがあり大変目立ちますが、
ランボーを強く意識しているような作りは そっち趣味の方には中々見ものだと思います。

           

❷ レディープレイヤー1

遊び心\(^o^)/

ほんまに よー出来てました^^
ガンダム メカゴジラ キティーちゃん。。。。
登場キャラにびっくり!

【観客一人一人が持っている思い出のスイッチ。】
子供のころの記憶を利用したスイッチを入れさせる手法が圧巻です。
これなら思い入れやTVゲームの知識など皆それぞれ違うわけですから
映画の感じ方、入り込める感覚も十人十色ですね。

3Dで見ましたが、 ひょっとしたらノーマルで見たほうがよかったかもしれません。
3Dだと どうしても ミスディレクションにかかってしまうので、小さな登場人物を見逃してしまいますし、画面の透明度がガクッと落ちるのであの映像は落として見たくありません。

きょび、CGは見慣れてしまって その辺に驚きはないですが、
2時間20分あっという間でした。 是非!
            
            ♦

❸ パシフィック・リム

これ!
私にとって 超問題作!

💀
ハリウッドの映画が中国資本になろうが中国人いっぱい出てようがあんまり興味ないし、
そこが腹立つという性格ではない私。
そもそもブルースリー、ジャッキーチェン、マイケルホイ
香港映画・中国映画大好きです。

だけど、中国的感覚で
『パクリ・物まね全然平気あるよー』 てな感じで作られると 本当に腹が立ってしまいます。

それは中国の文化であって否定しませんが、
中国国内、中国映画でやってくれ。
大好きだった1作目をその感覚で作り変えて、中国で売れるための2作目にするのなら、
そもそも中国映画と銘打ってほしい。
デルトロさんの作品を根こそぎ買いとって 作り直しただけ。

ほぼ関係していない デルトロさんの名前を出すな!と言いたい。

💀
映画と言うのは 時間の軸がとても大切。

【同時進行】 の表現が極めて重要です。

複数個所でいろんな事が起こっていても、
それは同じ星の下、同じ時間帯に起こってることなのです。
それをどう表現するかが映画の醍醐味で、作り手の腕の見せ所。
それをよくもまあこんだけ適当な部分を切って貼ってつなぎ合わせて作れるものです。

●東京のシーンがまず腹立つ。
適当に切り貼りしてるから、同じ人間が二回死んでる。
※見間違いかもしれないけどだいたいそういうこと。

●終盤 うようよ出て来る ちっちゃい怪獣が恐ろしいほどだめ! 
ここ10年の中で一番ダメな怪獣 一番ダメなCG
学生さんが作るレベル。
CGは何でもありなんだからむしろ気を使わないと!
CGCGし過ぎてて緊迫感もへったくれもなし。

ウィラード を見習え! て話です。

💖八夏理論 『大群は実写』

           
♦♦♦ そしてなによりダメだったのが 『繋ぎ目』

ロボットのディテール
関節の繋ぎ目がこだわりの見せ所で、マニア心をくすぐるのに、
アウトラインばっかりで全然 オタク感がない。

1作目をダメにした2作目は数々あれど、
筆頭クラスにダメにした映画です。
※1作目がなく、これが1作目だったらそこそこおもろい映画です。

これを読んでから是非 そういう感覚で見てください。
きっと違った発見に出会えます。

腹立つから私はもうあと2回くらい観てみます。

💗 ロボットと怪獣が戦う!
という最高のファンタジーを提供してくれた一作目でした。  

🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀

そして今回のおすすめは DVDで見た 
『夜に生きる』です。

YAHOOのレヴューでは
ベンアフレックがギャングに見えないとか
凄惨さが足りないとか、戦いが少ない、軟弱などボロカス書かれていましたが

私は逆にそういった 今までのギャングギャングしたものでない新しい感じがしました。
いかにも演じてるギャングということでなくかえってリアルで
表現方法が凄く素敵に思えました。

僕の中で 70点 高得点にはなりませんでしたが。 良かったです。

IMG_3416.jpg
IMG_3394.jpg