本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

カテゴリー "【音楽・映画】 熱い想い!" の記事

淀川長治

ぐれショー
さまよう魂たち
💛グレート ショーマンな淀川さん
生きてりゃ今年何歳か知っていますか? 
🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀

子供のころ、、、

淀川長治さんより たくさんの映画見るぞー!

と志していました。

              
日曜洋画劇場が大の楽しみで

《黄金の7人》 

《大脱走》

《ピンクパンサー》・・・・・・・・

次の日 学校で映画の話に大興奮!

長治さんの

『怖いですねえ 恐ろしいですねえ』

は、世界一怖いものの表現だと信じてやまなかった。
                

🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀

映画の楽しさのひとつに

《当たりに出会う》

というのがあります。

大勢の人が酷評しているのに なぜか自分には面白い!
そういったものに出会えるのが映画の魅力です。

またその逆もしかり 
万人が面白いと評価しているのに
自分にとっては カス な時ってあります。 
これはこれで刺激的。

●映画みたいなものは、子供も見りゃ大人も見る、素直も見れば屁理屈野郎も見ます。
感じ方それぞれ だから面白い!

                 
🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀

【グレイテスト・ショーマン】

当たりに出会えました!
今年最高の1本 ※今んところ
                 ・

主人公バーナムのサーカス(死後の系譜も含め)は去年2017年5月に解散するまで約100年続いた。

                 
【 僕が感じた最大の見どころ みっつ 】


30年間を100分で表現したりするのが映画

だから  ”いきなり”  が存在する。 違和感が出る。

その違和感を一発で解決してる描写。
そこにいちゃもんのつけようがない 仕掛けを施してあります。

●冒頭のビル屋上で踊るシーン3分で 
10か月10日を表現! 圧倒的です!

これがあるから もうそれだけで ワープ の存在を認めたうえで鑑賞させる。

『なんでいきなりそうなるねん!』 

というクレームを、
理解不足ですよ恥ずかしい事なんだよとアピールする
素晴らしいセンスだと思います。
                  

そして僕がこの映画の中で最もしびれたシーンが
空中ブランコの女性が、副団長みたいな人と0,01秒で恋に落ちる瞬間です。

■  ■  ■  ■  ■  ■  ■


台詞にも出て来る 《想像力》 というキーワードが随所に。。。。
                   
YAHOO映画投稿に、
【 史上最大のショーと言ってるのに普通のサーカスだったのでがっかり 低評価 】
と言うのがありました。

それは見る人の勝手ですが、
あの当時の という設定なので、すっとんきょうなとらえ方かもしれません。

ボルトと比べたらカールルイス速くないやん。なんで金メダルなん?
て言ってるのと同じです。

百年前、目の前に巨大な象が現れるなんてとんでもない事だったのでしょう。
                    
想像力で3倍以上面白くなる映画です。
もしこれを 生 で見ていたなら 腰抜かすくらい圧倒的なショーだと思いました。

■  ■  ■  ■  ■  ■  ■


ヒュージャックマンが ウルヴァリンに見えない!!!
                    
凄い事だと思います!

役者ってイメージが固まってしまいますやん。

どうしてもマイケル J フォックス はバックトゥーザフューチャーの人だと思ってしまうでしょ。
※ちなみに私は J フォックス主演の映画では 
《さまよう魂たち》 が いっちゃん好きです。

キーファー・サザーランド 見たら 24の人やと思ってしまうし。。。。。
                    
なのにこの映画でヒュージャックマンは まったくX-MEN でも ジャンバルジャンでもありません。

正真正銘の P・T・バーナム だった。

                    
映画って素晴らしいですね(*^^)/

答え 108歳 ※多分
good-bye good-bye good-bye 💛

スリー ビルボード


《 映画を観る 》

                  
2月 いくつか映画を観ました。

下の文章は、私が 
【サンダンス・ブッチ】 の名前で、
某糞野郎監修・某映画コラムに投稿したもの3本です。
某糞サイコ野郎に、採用するようにプッシュしているのですがどうだろうか。。。。
                   
●デトロイト  ●スリービルボード  ●ダークタワーの3本です。
気になるやつを読んでみてください。
※文章は一部抜粋 投稿文はもうちょっと長いです。

🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀
                   
デトロイト

●この映画の凄い所は、
作り手が、作ろう・伝えようとしてる "目的" をしっかりと達成していること!

●映画としては娯楽でもないし、作り話でもない。
だから数ある娯楽映画と並べて評価できない。
面白くない人には まるで面白くない作品だと思います。

●緊迫感があり体感型。
感性が乗っかればもっと体感・心感!

●だけど決して勧められるものでもなく、観ておかなければならないと言ったたぐいのものでもないです。

【感受性豊かで優しい人がわざわざ傷つきに行く必要もない映画。】

●それらがはっきり作り手がわかっていて、それでも伝えなければならない使命感がはっきり伝わってくる
ドキュメンタリータッチの差別主義者テーマの力作。

🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 

                   
スリー ビルボード

‟感情の表現”に終始した大力作。
                   
●愛情が憎しみに変わっていく仕組みが厳しくかつわかりやすく描かれていて、
愛があるから争いが起こる という理論をとても上手に映像化していると思います。

●自分が 身内なのか 他人なのか によってここまで感情が変わるのか! と思わせる描写は圧倒的。

●客観的に見れなかったり 
主観的に見れなかったり
愛していいのか憎んでいいのか

●理路整然としない バラバラぐちゃぐちゃな場面場面がうまく繋がって一つの 
展開になっているところが見ものでした。

●観ている最中は引き込まれ、集中して鑑賞できる秀逸作でしたが僕はいつか忘れてしまう映画のひとつでした。

●見終わった後、爽快感、納得はありません。

●ただ、警察署長の台詞

『戦争になる』

から始まって
無差別的敵意で締めくくるところがこの映画最大のミソだと思いました。

🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀 🍀

                    
ダーク・タワー

●昭和!

昭和のテレビゲームをやっている感覚。

古い!
スティーブンキングのあの古臭い感性を上手に映画にしてあると思います。

だけどシンプルで凄く面白かった~(^^)/

娯楽作品はやっぱり観ていて楽しい。

●本を映画化したものだけど、逆にこの映像を文章にするにはどう書いたらいいのか!
と考えながら見ると10倍おもろいです。

●アンダーワールド とか スターゲート とか好きな方にはピッタリ!

                      

💛
私のこの くっさい映画寸評見て、気になった方は是非ご覧になってください。


IMG_0485.jpg

ジオストーム

🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀
どうやって宇宙から
そんなに早く帰って来れるねん!!
とか言うて いちゃもんつけるアホがいますが
僕がお答えします。

『映画だからです。』
🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀  🍀


ズバ抜けて面白い!

このところ何本か見た中から
僕のお気に入り宇宙編 2本ご紹介。

【ちょっと長いけど 辛抱してゆっくり読んでみてください。】

そして文章中に、映画とは関係ないパズルを仕込んでいます。
見つけてください。 ※ヒント 頭とケツ

 ジオストーム 

 僕の中でかなり高得点

今年一年 これを超える映画に出会えるか楽しみ。

確かに突っ込みどころ満載と言っちゃえば満載どころの騒ぎではありません!

ディープインパクト や アルマゲドンなんかの先作があるので
時代が進めば進むほどそういうものに馴れてきてしまいますが

この ”ジオストーム” そういうものを見たことがない方にとっては
アルマゲドンより絶対上です。

1、地震や火災などで世界が破壊されるシーンは思いのほか多くない むしろ少ない。
  なのに納得できる。

2、おおざっぱですがちゃんと 筋が通っていて お話も良く出来てる

3、すぐアメリカ映画がやりたがるワンポイント ワン家族ラブ が嫌味じゃない

4、登場人物の配役に隠し技あり 犯人捜しの推理仕立てになってるところがにくすぎます。
  (そりゃ、エドハリスがそんだけの役で出るわけないとは思っていましたが。)

5、むちゃくちゃ人が死ぬのに 一切 血が見えることはありません。
  R指定とかそのようなことが関係してるのかもしれませんが、見やすいです。
  好き嫌いあるでしょうがこれはすごく大きなことです。

。。。。。。。。。。。。。。

他にも 現アメリカやメキシコの関係風刺が絶妙だったり
そして何より絶対に注視してほしいのが

【カーチェイスシーン】

本編 災害映画だから カーチェイスはおまけですが
このカーチェイス半端じゃありません!

1分間に20カットくらい入って つぎはぎだらけ、本人が運転してるわけでもない。

なのに!!!

完全にカーチェイスしています!

素晴らしすぎます。 まるで手品です。

つぎはぎなのにスピード感バリバリあります。
ワンカットで撮ってるみたいな錯覚起こします。

途中でスローが入ったりするのにその緩急が絶妙!

2~3分の短いシーンですが、その圧倒的な編集センスにちびってしまいました。

💛  💛  💛  💛  💛  💛  💛  💛  

スターウォーズ

●面白すぎて2時間30分が90分くらいに感じたんダー!

●40年間続いてる映画の途中を観れることの喜びがとにかく大きいス!

●ライトセーバーを振り回すときの

”ブ~ン” という音に いちいち鳥肌が立って反応してしまう自分に喜ぶベー!

●なんといっても 極めつけは ヨーダ!

●この映画の最大の魅力は、次回作を何が何でも観たくなることですー!



ジオ

キングスマン

映画

新年早々
DESTINY 鎌倉ものがたり
キングスマンなど観に行き
相変わらずの映画好きですが、
なぜか一番おもろかったのは
テレビで見た

『プロジェクトA』

何べん見てもおもろい!
”懐かしさ” も加わり、
ほぼ自分の中でパーフェクトな映画になりつつあります。


それにしても最近の映画で思うことですが

♦《コンピューターどっかで出てきよる》♦

一昔前の007なんかにコンピューターが出てきて敵をサーチしたりなんかは斬新だっただろうけど
今どきのコンピューター乱用はほんましらける。

バトルを繰り広げる映画にそれはいらんねんけどな~なんて思ってしまいます。

キングスマンも相当面白かったですが、
コンピューター頼りのシーンに辟易。。。。

中村孝明さんが、
作るものに困ったらすぐに 寿司 作りよるのんと一緒。

🍀人間、『それが当たり前』
と思い出したら、感性と言う細胞が腐りだしてる証拠。
                    

今日は家で キングコング 見ます( ◠‿◠ )

火花

マイティーソー
火花
ジャスティスリーグ

を一気に見てきた。

マイティーソー おもしろかった^^
無数に散りばめられた細かいギャグ・パロディーが結構パンチ効いていて、
アメリカ人の漫画センスもなかなかだな~なんて思いました。
CGは発達したけど、アナログな古典ギャグは伝統をきちんと重んじてる。

さすがです!!!

火花 見入ってしまった。
板尾監督のファンだし、言うことなし。
普通、超普通の映画だけど号泣してしまいました。


ジャスティス リーグ
なんだかワケワカメだけど、
説明なしのごり押し単純明快馬鹿満開なところがとっても楽しかったです。

どれもこれも気楽な娯楽でストレス発散になりました。