本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

カテゴリー "【弟子との激闘の記録】" の記事

生きる力

今、ある言葉が常に思考順序の優位に立ってしまう。

ここ数ヶ月ずっとそう。


『恐怖から逃げる事と生きる事とは違う。』


『守る力と一緒にいられる力とは違う。』

。 。 。 。 。 。 。 。 。 。

弟子は知的能力、判断力にかなりの不安があり、日々彼らと接すると、彼ら本人以上に恐怖を感じる。
彼らの将来を強く案じる。

それはやはり50年以上の人生が、経験を通して危機を知ってるからだろう。

彼らは常に些細な恐怖から逃げようとする。

痛み、苦しみ、悲しみ、
さらには、空腹、気持ち悪さ、快楽の制限、、、、

人間だれしもが立ち向かうものなのに、そのハードルが圧倒的に低い。

手を伸ばすだけの努力で済むことに対してでも、そこに少しの痛みが伴えば即座に躊躇する。

即座に躊躇する能力は能力とは私は断じて言わない。

子供が怪我をしそうな直面で、手を伸ばしてやるだけで救えたとしても、それに少しの痛み、リスクがあると思えば行動を躊躇。
それが、蚊に刺された程度の痛みだとしてもだ。
空手家が自身の拳を鍛えるために木を叩く時、少しの痛みがあるからと言ってあきらめるだろうか。

弟子は、育ちの過程で
『自分のところにボールが飛んでこないように。』と祈る性格を養ってしまっている。

本人に直接聞いても、実際、体育の授業などで毎回毎日そう思っていたのだそうだ。

恐るべきは、

それはいけないことなのですか? と二十歳を越える青年がキョトンと答えた事。


根底にあるものは、

〝 恥 〟

恥はどんな事があっても嫌なのです。

ボールさえ飛んで来なければ失敗する事もなく、恥もかかない。
リスクを背負わなければ万事うまく行くと思い込む人生を歩んで来てしまいました。

恥ずかしいと思う自分のルールの中の出来事を多く目撃してきたのだと思う。


私自身も似た経験がある。

親の夫婦喧嘩を見て、死にたくなった事がある。

だから自分は夫婦喧嘩は恥だと思っている。
たがらこそ夫婦喧嘩をしない為の工夫を努力する。

その為に我慢があったり、痛みがあっても、成就の為なら突き進める。
大きな目標に向かうために背負う些細なリスクなど、自分の子供に同じ思いをさせたくない、息子の事を考えると屁でもない事です。

だが悲しい話だが、彼らは思考回路が少し違う。

結婚しなければ夫婦喧嘩すらないと考える。

その前のさらにその前から危機回避する。
何の人生なのだろうか?


弟子に必死で教えている事は、
飛んでこなかったボールは、誰かの元に飛んでいる。と言う事。

同じ優勝を味わうにしても、ウィニングボールは自分の手で!
と言う気持ちのほうが大切。
ましてや我々、芸の者は特にそうである。

そして、その向こう側には、

『他の人を助けてやる。』

と言う心を併設してなければ無意味に近い。
ほんの少しのエゴは優しさと共存する時もある。

彼らが、痛みを避けようとする本能が、育ちなのか、甘えなのか、阿保なのか、、、
そんな事ははっきりと答えに出せないが、
しっかり生きて喜びを共有、味わう事は、恐怖から逃げ回っていたら永遠に来ないと言う事。

。 。 。 。 。 。 。 。 。 。

そしてそんな彼らと毎日接していると、とてつもない恐怖とやりきれなさが襲ってくる。

彼らの将来をどれだけ心配しても、どれだけ守ってやろうとしても、彼らと一緒にいられる時間は永遠ではない。


様々な困難。
突き放さなければならない時。
僕のほうが早く死ぬだろうし、体力に限界も来る。

守る力と一緒にいられる力とは違う。

ただ一つ、
彼らが手品を愛してくれている事が、彼らにとっても私にとっても大いなる希望です。

2016・10・31

初詣

  ① 《 めー つぶるな! 》
  ② 《 手相の妙 》 

IMG_4032.jpg
IMG_4037.jpg
IMG_4033.jpg
IMG_4040.jpg


ええ正月やったな~^^

元日~今日まで 
ほぼどちらかのアホ弟子と過ごしたお正月でしたが
アホアホ 言うてもかわいいもんで。。。。

とっても楽しい28年のスタートとなりました。


4日は 大阪 四天王寺さんへ 弟子二人を連れて初詣


僕の日記を読んでご存知の方はご存知。

吉備八丸の阿呆だけは、どんだけ言うても写真の時に 目つぶりよる。

証明写真でもつぶりよる。

卒業アルバムの集合写真でもつぶってる。

なぜかつぶってしまうらしい。

『あけろ!あけろ!あけろ!目を2秒あけるだけ! わかったか! あほんだら!』 

と怒鳴ってやっても泣きながらつぶりよる><
目あけたら カメラに魂吸い取られると思ってるのか、目開けて撮った嫌なトラウマが残ってるのか。。。。

四天王寺さんでも10枚ほどとったが ほぼ全滅!

そして神様の前で撮る際、

『ここでは 合掌して目つぶってもええよ。』
と言ってやったら パニくってこうなった。

IMG_4050.jpg

奴の脳みそは不思議だ。

我々手品師にとって、 【不思議】 は最大の魅力。

生まれながらに不思議な脳を持つ、奴がうらやましい^^


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

入口のところに 手相占いの看板があり、

上の左から三番目

う~ん そうだな と自分の手を見て妙に納得しました。


IMG_4056.jpg
IMG_4069.jpg

弟子二人が 八夏抜きで初営業デビュー!

ハッチは以前に弁天町に一人で行かせたけど、吉備はサッラサラの初体験!

俺としては その時間に 過去味わったことのない緊張と恐怖心にみまわれたけど、、、、、、
                          
終了して奴らから電話
                          

『無事おわりました~^^』 
                          

ホッとしました^^

この 『ホッと』 はわかってもらえると思います。
                          
帰りに 

『深草の駅がどっちかわからなくなりました 少し遅れます 』 と
メールがあったので、あいかわらず究極のアホ二人だが
なにはともあれ 初営業おめでとうです!

今日は二人でしたが、今度は吉備八丸 

目指せ単独営業ですね^^

皆さま本当にありがとうございました!

IMG_0278.jpg


。。。。。。。。。。。。。。。

そして本日14日は ハッチ 26歳誕生日!
吉備も連れて ご飯。


IMG_3809.jpg

《 吉備八丸 誕生日 》

吉備八丸が習いに来て 丸三年の月日が流れた!

激闘の千日余。

切手を買って 貼って 自力で出す。
ということが出来ない子。
食器を毎日割り、歯を磨くことをしばしば忘れ、手品道具を失くしてしまう。

そんな弟子との毎日は 想像を絶するものでした。

だが三年!!!



よくぞ三年我慢した! この三年は 奴にとって人生初めて成し遂げた三年だと思う。

今日は二五歳の誕生日!

わが弟子 吉備八丸!
正真正銘のアホですが、本日は盛大にいわってやろう!


[広告] VPS

最近の馬鹿弟子

そう言えば最近 弟子のことをあまり書いていなかった。
あほ話し ばっかりで飽きてきたからです。
でも 吉備八丸も ハッチも凄く頑張ってます!

アホをしでかす量が減ったりはしませんが、チャレンジする事柄が増えているので当然失敗もします!
だからアホが大きくなったわけでもなく、かと言って賢くもなってはないですが、切磋琢磨してがんばっています。



●吉備八丸

やはり写真を撮れず!

吉備に限らず、写真のセンスのない奴で芸事が上手くなることはまずないからね。
頑張って写真にトライして欲しいものです!
IMG_0522.jpg

お花いただいたので一緒に撮ってくれと頼むが ピンボケ!
この写真で5枚目。現代のスマフォカメラがそないにピンボケするか!

もう置いて撮ることにしたが、フレームがずれる。
頭は切れるし、花が半分しか入っていない。 かれこれ20枚ほど撮っただろうか。。。

情けないの極みである。。。。

見本を撮ってしめした。
IMG_0521.jpg

上半身だけでいいし花と人間をだいたい収めてまっすぐに撮る。ただそれだけ。ただそれだけ。プロ級いらない。うっすら全体まっすぐ!ただそれだけ! あーゆーおーけー?

うなずく吉備
IMG_0505.jpg

アホ! なんで下半身も入れて、しかも上から目線なんじゃボケ! ここからさらに5枚この調子が続く。

なぜなんだろう???? なぜだろう?????
どうしてこの子はこんなに馬鹿なんだろう????

もう一度見本を見直した。
あーゆーおーけー???????  うなずく吉備

IMG_0520.jpg


なんか釣りフックみたいな余計なもん写ってるやろ!のぞいてわからんのか!どんな目しとんじゃ!くりぬくど! と再チャレンジ!


IMG_0519.jpg

ちょっとフック入ってる~><

諦めました。



●ハッチともき
初 一人 営業

ケニーも、鶴も、チャーリーの時もそうだった。弟子入り1年、ハッチを一人で出張に出した。
弁天町居酒屋でのテーブルマジック。 7時~10時

その間 俺は猪虎亭で接客をしながらも心臓が爆発しそうになるくらいハラハラドキドキというかなんと言いますか。。。。。。

えもしれん気色悪さと期待に胸ふくらましていたが、なんとか無事終わったようです。
IMG_2265.jpg
IMG_2268.jpg



居酒屋様 お客様 本当に心から御礼申し上げます。


二人共いろんなことを経験してそれぞれ一歩一歩躍進して欲しいです!