本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

カテゴリー "【手品②】 手品に対する思い " の記事

手品の笑い

 『爆笑はいらない。
 俺たちは 手品 という基盤があるから、何を言ってもクスッ としてもら える。
 良い基盤があれば笑いと言うハードルは下がり、笑いを優しさに変えて投げ かけてくださる。
 クスッとしてもらう程度の笑いがあれば皆が愉快な気持ちになれる。 
 爆笑はいらない! ”愉快な気持ち”
 これが最高に幸せなんだ。』
                           

と いつも弟子に言っています。

これはどの職業ににもあてこめるかもしれません。

お笑い芸人さんは、徹底的に笑いの追及で過酷だが我々は手品師。 
必死になってプロのような笑いを追いかける必要はそんなにありません。が、、、、

ミスターマジシャン根本さん曰く、
笑いのないマジックほど退屈なものはない。

   ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆                                        ・

弟子たちにも 【クスッと】 を狙った笑いの訓練をします。
                           

大アホのハッチ と 
ウルトラアホの吉備八丸に、

笑いはタイミングだ! 季語、時事ネタを交えつつ
ちょっとだけおもろいことを言ってみろ。タイミングさえよかったら たいていクスッとできるぞ!
お題は そうだな、 スマップ騒動でいこか!

まずはお前からだ!
                           
すると、ウルトラのほうが、

『あの~ たぶん  黒幕は トシちゃんです。』
                           
うんうん^^ まあ 人によっては クスッとするわな。 
俺は結構ツボや と褒めてやった。
                           
次、お前いけ! と言うと 大のほうが、

『あの~ 解散騒動の原因は、草薙が全裸なったからです。』
                           
( ̄∇ ̄;)ハッハッハ  けっこう クスッとした。。
                           
すると ウルトラのほうが
先生もなんか言ってください と言ってきよったので 言うた。
                           

『俺 昔 ジャニーズやってん。』
                           
シーン。。。。。。。。。。。。。。。。。
                           
笑えや!アホンダラ! と言って 頭 はたいてやった^^

すると 大 のほうが 小声で

『り、りふじんです><。』
                           
クスッとしてしまった^^

28年前に出会った魔法使い

昭和62年 いろいろあって大阪布施から京都に引越し、一人暮らしを始めた。

来る日も来る日も14時間労働。
立派な料理人になるために毎日せっせと包丁を砥ぎ洗い物をして芋の皮を剥いた。
手の皮もむけた。 多少 根性があったのだろうか、負けずにがんばれた。

唯一の楽しみは、高島屋手品売り場!

そこに行くと、めちゃくちゃ怪しいおっちゃんが手品を見せてくれる。
子供の頃、大阪阪神百貨店や阿倍野近鉄デパートで手品を見て発狂しそうになった俺だったから、22歳になってから見る手品は魔法以外なにものでもなかった。

おっちゃんの名前は、 シオミさん。

魔法使いだった。
多少 金をとる魔法使い。 魔法道具を売りつけて生業にしてるようだ!
でも凄く優しいおっちゃんだった。

初めて 『ダイナミックコイン』 を見せてもらった時の衝撃は今思い出しても何と心地の良いことでしょう。
諸兄にも同じ気持ちの方 きっとおられると思います。
『スクイズプレー』 ・ 『エッシャーの穴』 めちゃめちゃ興奮したものです。

当時、俺の給料 13万円くらい。ムダ使いなどもってのほか。

でもどうしても ジョンソンの 1,35トリックが欲しかった。
もう覚えてないけど、1万3千円くらいしたのとちゃうかな~。 25歳の時に買いました(*゚▽゚*)/
そればっかり!!! あほみたいに嬉しがってそればっかりやっとったもんね^^

そんなこんな素晴らしい思い出をくださったおっちゃん。
尽きることのない温かい思い出をいまだに語らせて下さる僕にとっての魔法使い。

シオミ先生です。

師匠のいない僕にとっては、師匠以上の存在ですが、先生は脳みその中まで魔法使いだから、若干お付き合いが難しいといいますか、付き合うコツみたいなものがいります。
中にはコツは掴んでいても邪魔くさいので、放棄しているお仲間もおられますがそれはそれ、僕はその方たちも尊敬していますヽ(*´∀`)ノ

僕にこう言います。
『本田! マジシャンマジシャン言うても根本は人間性だぞ! 仲間を大切に礼儀正しくな。』

そんな愛しのシオミ先生は、5月で60歳!

5月10日 還暦祝いもかねて、マジックショーでございます。
皆様どうか、マジックを見たことがない方もどうか、お時間ここに照準を合わせて是非お越しくださりますよう心からお願い申し上げます。


IMG_0483.jpg



■■■■■■■■■■■■■■

そしてもうひとつ宣伝

IMG_0471.jpg


よろしくお願いいたします。

『壁は自分自身だ。』  岡本太郎


年をとったからこんなことはできない、そう思ったら今すぐやったほうがいいわ。

マーガレット・デランド


。。。。。。。。。。。。。。。。。


カンナ日本一に輝いた大工さんが釘を打つのはめちゃめちゃ苦手 とテレビでやっていた。
 得手不得手。。。と言いますか、
恥ずかしい話ですが、職業にしていてもやっぱり苦手な事ってあるもので、、、


TVでやってたのをやってくれ! 
という注文がたまにきますが、 『出来ません。』 なんてセンスのない答えじゃカッコ悪くって仕方ないからなんやかんやつくろうけど、実際出来ないものは出来ない。
Barの現場で、うちはクロースアップ専門ですから!なんてのも お客様には絶対言い訳にならない。

水槽の中に手を突っ込んでくれと言われたら、水槽がないので出来ないも通るでしょうが、トランプのこんなんやって。♥。・゚♡゚・。♥。・゚ なんて可愛い子に言われたらそりゃ~もう必死ですよ。

だけど私、トランプの中からAを4枚美しく出現させる! とかのたぐいが大層苦手です。すみません><
マジシャンの方たちってこう何というか 華やかに トランプを操り、美のラインを保ちながら出しますよね~。

そもそも私、"トランプの扱い自体が雑" みたいなんを売り物にしてるとこあるし、昔ならともかく今は、、、、、
、、、、、、、

なんて思ってたら冒頭の言葉に出会った。

そうなんや!絶対そうですよね!諦めたら弟子に申し訳ないですものね。

スキーの荻原さんが言ってた有名な言葉

「加齢は運命!老化は自己責任!」

自分で勝手に脳みそを老化させたらいけませんね。


ほんまに恥ずかしいけど、今日ちょっと暇やったから滅多にやらないことを練習してみた。



世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る 坂本龍馬

やもんね(*゚▽゚*)/

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

猪虎亭
4月24日 金曜日
※前後の日しか来れない方は応相談

チョコレート1個 と千円でOKデー

http://happy.ap.teacup.com/chocotei/36.html

『手品の名前 その大切さ』

 

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

私は大の落語ファンです。

落語から多くのことを学び、素晴らしいものを授かりました。
興味を持って本当に良かったと思います。

記憶がさだかではないのですが30年前、桂枝雀さんが私の勤めるお店に来られ手品をお見せしました。
このことは心の宝としていつも喜びに感じています。

桂米朝さんの追悼番組を見ました。

その中でこんなやりとり。。

《米朝師匠が一番気に入ってた演目は何だと思いますか?》

するとコメンテーターが

鹿政談、百年目、立ち切れ線香、、、などと答えます。

司会の方がそれを聞いて本筋の間にちょこっとこう言います。

『落語をご存知ない方には、わからないかもしれませんが、こういう題名を聞いて(ゲストの方々がこりゃ面白いと言うの聞いて)、
落語一度聴いてみたいと興味を持たれるのではないでしょうか。持たれる方もおられると思います。』



私はこの言葉にすごく深い思いが巡りました。この言葉により司会の方が本当に落語を愛されてるのだと察知するのは容易です。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以前、弟子二人 (ハッチ、吉備八丸 )との会話で 

『これは ジェフマックブライドの手品なんだ。初めて見たときはショックで死にそうなったわ(*゚▽゚*)』

と言うと、弟子はジェフマックブライドを知らないと言います。

手品やってるのにマックブライドを知らんのか! マジで!? (◎o◎)! 

びっくりです。
マイケルクロース、島田晴夫、、、を知らないと言います。

ですが、びっくり×100 くらいのあとにすぐ、 あ~そうなんだなー時代なんだなーと少し淋しい気持ちになりました。

うちの弟子も、手品教室に来た生徒さんも声を揃えて

『テレビの前田知洋さんを見て手品にはまった。』 と言います。

本当に時代なんですね。

前田さんの素晴らしい演技に惚れて手品の道を志したのなら、
更にそこから脱却・派生を試みて初めて前田さんをリスペクトしている。そしてマジシャンへの道を目指せる。と、弟子に偉そうに言ってしまいます。

でもそう言えば同じように
私もマリックさんの影響を受けました。平成元年頃だったと思うので私24歳、弟子たちと同年代。

《ハンドパワー》 《きてます!》 なんてしょっちゅう言ったものだし、アートオブノイズのこれも CD探しに行ったものです。

https://www.youtube.com/watch?v=JJrSTAv0-tw


がしかし、、、、です。

そこからのめり込むに連れて、新しいことはもちろんですが古い本も読むし文献に興味がでました。
何よりシオミ先生や深井先生の古い話、交友録、海外・日本のマジシャンのお話は本当に好きで、影響を受け興味が膨らむ最大のファクターであったことは間違いありません。


"エルムズレイカウント"

なんて初めは人の名前だとも思わなかったですもの。
それが人名だと知ったときは、すごい人がいるものだな~と思ってその人の他の技術にも興味が出て調べました。

アッシャーツイスト とか テンカイパーム とか、、、

めちゃめちゃそそりますよね。

名前・タイトル・考案者・歴史 て凄く大切だなと思います。

タイトルがついてる イコール 歴史があるのですよね。

教えている時に、
『何という手品か忘れたけど、昔からある技法だよ。』 なんて言ってしまうことがちょくちょくあります。
いや~恥ずかしいです。きちんと名前を知っていて教えてあげれば弟子ももっと興味がわいただろうに。
そういう時、つくづく勉強しといたらよかったな~と反省します。


手品師の気質にある最たるものって、
《知りたい欲求、解明したい探究心》 ではないでしょうか。

種だけ知って あっそうと思うレベルとは全く違う。
とても素敵で知的なものだと思います。

それが何なのかを追求する努力するプロセスの中で良いアイディアや新技が生まれたりするのならば、
オリジナルを開発したければしたいほど、
古くからある技法、ひいてはタイトルに興味を持って取り組むことが良い道の一つであると私は考えます。

言い換えれば 良い技を開発すれば自分の名前が付く可能性もあるわけですものね。

名前ばっかり並べ立てて知識自慢する"敬意"を勘違いしたマジシャンもいますし、まったく名前に興味がない人もいます。
悪いとは言えませんが、想像力を形にして表現する芸能なのですから、
"無機質・機械的" な人間の演じる手品など誰も見たくはならないでしょう。


何気ない自分の手品にも自らが名前をつけて演じるようにすれば、もともとあった名前や歴史にはさらなる意識が発生するかもしれません。

タイトルから想像力を膨らます。 名前に興味を持つ。

ふと見た番組内での司会者さんの一言に大変感銘を受けた私でした。


練習不足はかっこわるい

性格は顔に出る

生活は体型に出る

本音は仕草に出る

感情は声に出る

センスは服に出る

美意識は爪に出る

清潔感は髪に出る

落ち着きの無さは足に出る


と どこかに出ていた。

まあ本当にそうかどうかは別にして、

《本音は仕草に出る》

というところが、
あ~そうなんだな~と最近わかってきた。

知人にめちゃくちゃ意地悪そうな女性がいるけど、とても優しく穏やかだ。
だが大抵の人はその女性を見て意地悪だと思うだろう。
俺の偏見だが当たってると思う。
だけどめっちゃ親切だ。

本音は仕草に、、というところだけど、
残念なことに、俺の知り合いの金に滅茶苦茶細かい(というか汚い)馬鹿マジシャンくんは、とても優しいのだが こと金の話になると左頬がピクピクなる。無条件でピクピク!
お金を誤魔化そうとする時は限ってピクピク。
口では正当性をアピールするのだがピクピクピクピク。

結果 ちょろまかす><

解釈は違うかもしれないけど 本音 ⇔ 仕草 の構図は当たらずして遠からずと言ったところなのかも。

恐ろしいものである。
私は最近、生活がもろにお腹に出てきているがこれも本当に恐ろしい(´・ω・`)

そして最も興味深く感じたのが

《落ち着きの無さは足に出る 》 ということである。

自信がないから落ち着きがなくなる。
落ち着きのないのはビビっているから。
練習不足だからビビって不安になる。
不安だから恐怖心が膨らむ。
恐怖はえも知れぬ緊張感に繋がる。
緊張で足元が震える。

結果グダグダになる。 


やはり 落ち着きのなさは足に出ますね。 練習練習(*゚▽゚*)/

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

猪虎亭

ホームパーティーに出張もあり割と賑やかな昨日今日でした。
ありがとうございました^^

IMG_0119.jpg
IMG_0114.jpg
IMG_0117.jpg
IMG_0111.jpg