本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

2015年02月の記事

鉛筆削ってバット作ってみた。

IMG_7852.jpg

今週はわりと忙しくて良かったです。
のに、、、、ひとつの時間にお客様が集中して余った時間がそうとう多かった><


鉛筆
IMG_7797.jpg

削る
IMG_7804.jpg
IMG_7806.jpg
IMG_7807.jpg

ヤスリにかける
IMG_7812.jpg

なんとなくバットになってきた。 文字も入れてみる。
IMG_7813.jpg
IMG_7814.jpg

ニスを塗る。 グリップを捲く。
IMG_7817.jpg
IMG_7839.jpg

出来上がり!
玉はグリップに使ったテープを丸めて。


IMG_7855.jpg


(*゚▽゚*)/

昔のアカデミー賞 STING

アカデミー賞特集で STING が放送されていた。

本当に良い映画だと思います。
好きな映画を3本あげろと言われれば必ず選びます。

どこが好きなのだ?と聞かれても困るけど全部好き。

特に、見る度に発見があるところが好き。

映画にちょっとづつ詳しくなると、カメラワークや音響も気になり出す。
寄せ とか ワンカット撮りとか。。。。。  とても気になってくる。

スティングには手品師の感性をくすぐるシーンが大いに出てくる。
そのひとつが音楽。
フッカーが逃げ回り刑事に銃を向けられているのにアットホームだ。
音楽によって恐怖感がすべて短絡思考で楽観的に解決できる。

無声映画時代のようなシーン。
散髪のシーンなどは秀逸だと思う。

そんなこんな、何何を思わせる、想像させるといった場面のオンパレード。
騙し映画の真骨頂は脚本だけでなく、作りまで引掛けにこだわりまくった作品だと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。

初めて見たのは高一の時、35年前。
リバイバル上映なんかでたまに映画館でやっているが、いまだに劇場では見たことがない。

明日に向って撃て 
STING
八甲田山


なんかは是非映画館で見てみたい。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そして スティングを見ていつも思うもうひとつのこと。。。。。

もし俺が USJ の社長やったら、
スティングの世界を再現したいなヽ(*´∀`)ノ
賭博場を作ってプロの手品師雇ってポーカー体験とか、詐欺とかスリの短時間講習とか、、、

ジェットコースターとかドッカ~ン! バッコ~ン!のライドもの、迫力も嫌いじゃないけど、もっと違った意味での映画の世界への入り込みがしてみたい。
そういった意味では、太秦映画村の時代劇セットとか町並みとかめちゃめちゃ好きだ。

ユニバーサル映画で言うたら、こんなんがアトラクションやったら最高やわ~^^
●スカーフェイス
●ロレンツォのオイル



スリルものやったら
●スピルバーグの激突!
アトラクションでほんまにトラックに追いかけられるとか。。。怖すぎるでしょ^^
●鳥 ヒッチコック 
考えただけで恐ないですか
●600万ドルの男になれる体験とか、、、、、

そんなわけで、スティングを見ただけで随分刺激され想像力をかきたてられ、興奮した一日でした

(*゚▽゚*)/

先週の猪虎亭

誠にありがとうございました(*゚▽゚*)/

IMG_7792.jpg
IMG_7782.jpg
IMG_7764.jpg
IMG_7754.jpg
IMG_7747.jpg
IMG_7731.jpg
IMG_7730.jpg
IMG_7726.jpg
IMG_7721.jpg
IMG_7724.jpg
IMG_7712.jpg
IMG_7701.jpg
IMG_7693.jpg
IMG_7697.jpg

ドウトン

 『 いや~ほんまね。
えっ? と思ったけど、実際たしかにそう聞こえた。』


夕方にお風呂行ったら中学生の4~5人組が露天風呂でワイワイやってはったヽ(^-^))((^-^)ノ
一人が歌ってる。

え~まじで?! ありえへんで~! 中学生やで!
俺の聞き違いかな~。 でもそう歌ってた気がするのだけどな~^^

とりあえず懐かしさのあまりに俺もさっき歌ってみた。偽オペラ調。




このCMは関西の人しか知らないのだろうか?
ドウトン は 道頓堀のドウトンです。
※参考 https://www.youtube.com/watch?v=tWVUxRU8PvI

♪ドウトンへ行こう~よ 触れ合う何かがあるか~ら
探していた味覚があるッから ホラッあのお店がドウ~トン
パパ、ドウトンだね!


いや~懐かしい奇跡でした(*゚▽゚*)/



ほったらかしもええ加減にしとけの映画

クワイガン人
くつろぎの映画タイム

映画の話しができるって嬉しいですね^^

今回は 『 フライトゲーム 』 

リーアムニーソンがかっこよすぎて見入ってしまうけど俺目線の映画感覚的には10点の映画だった。

この人めちゃくちゃ沢山出てるけど、皆さんにとっては何のイメージなのだろうか?

クワイガンジン?
シンドラーのリスト?
96時間?


いや~俺はなんと言ってもこの人は 《ダークマン》
良かったな~ヽ(´▽`)/ ほんまにダークマンやもんね。
サムライミの作品の中でも 死霊のはらわた、スパイダーマンより断然ダークマンだ。
ダークマン


。。。。。。。。。。。。。。。。。。

そしてこのフライトゲーム。
まあいいか100%の映画!
ほったらかしもえー加減にしとけのアメリカ映画!


吉備八丸がこの作品を先に見て、すんごく良かったです!!!と一押ししたので私も見た。

うわ~凄い!ある意味めっちゃ凄い! 吉備八丸が良かったというのが頷ける。
何でもめんどくさくって、まあいいか と考えられる脳みその人にうってつけの映画。
アメリカ人気質・アメリカ文化爆発の第一級物忘れ大作です。

あの伏線もこの伏線も回収なし!
なんでそうなったか、どうやってそうしたのかの説明ももちろんなし!
知的ストーリーを装って最後は力技。残念にも程があるというレベルのシナリオ。
つじつま合わせが好きな日本人にはきっつい映画です。

ごっつい大陸のごっつい大雑把な感覚の人たちにはたいそう受けるのでしょう。ちっちゃいことにグダグダ言わない豪快男子向き。
よーこんだけ細かいことを気にせず前に進めるものだ。
『まあいいか・ほっとこ』 がポリシーの吉備八丸くんには、ズバ抜けて良かったのだろう。

日本でもそこそこ受けてるとこみると、そういう脳構造の方が結構いらっしゃるのだと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


なんやかんやだけどドキドキ感は半端なくありました。
ほんでもって俺はリーアムファンだから喜んで見れました。
みなさんも是非!


そして俺はこの映画を見て決意した。


アホ弟子をアメリカに移住させよう!

(*゚▽゚*)/