本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

映画 チャッピー

ここ数日、映画をたくさん見た。

ほとんど家で DVD か WOWOW だけど、映画はいいですね。

一番良かったのは、ダスティンホフマン 
『靴をなくした天使』 おすすめです!


映画館で見たのは、 『セッション』  『チャッピー』

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

コマ割りが多い! 

そんだけカット入れられたら考える暇なんかないやろうと思います。長回しがええて言うわけでもないけど目もしんどいし、字幕追わないといけないし。。。で二時間疲れに行ってるようなもの。
作品がそれを超える良さならしのげるけど普通の出来やったらしょぼくれてまうでほんま。

例えば、
ユニバーサル100周年映画 バトルシップ まあ一回だまされたと思って見てください。
カットのオンパレード!!! 目まわってまうわ! どへたか! て言いたくなります。
ツギハギ パッチワーク映画やでほんま。

そこまでは到達してないけど、この二作品もコマ割り多くてイライラします。
是非そこも楽しみのひとつとして見に行ってください。


●セッション

スパルタ教師の物語。

実際 2時間退屈せず見れました。
アクションでもサスペンスでもないのに手に汗握るしスリルあります。
教師役の人めっちゃ感情入ってるし なりきりが凄い!
愛と青春の旅立ちに代表されるような 軍隊新兵の特訓・いびりシーンを彷彿させる罵詈雑言!それも見所です。

こう言うと、良い映画なんじゃないかな~と思うでしょ。 良いといえば良い。たしかに良い映画でしたが "強引"です。
ストーリー ・ 展開 ・ ビンタ  全部強引過ぎる。
そして コマ割 多! 多! 多!
行ったり来たりの表現方法なんとかならんのですかね。チープ

でも僕は楽しめたのでよかったです^^

●チャッピー

もうね、これがまた凄い! 何が凄いか言うて、、、、

《セオリー》

ほんま セオリー通りの登場 セオリー通りの角度 セオリー通りの音入れ、、、、、、、、、
この監督 真面目!

この映画の 日本タイトルは 『とってつけたような真面目』 にしたらよかったのに、、、、なんて勝手なことを思わせるくらいとってつけていた。
とってつけたような登場
とってつけたようなセリフ
とってつけたような設定

なんもかんもが自然さそっちのけの中途半端さだ。どうせならもっとミュージカルみたいにでもしたらよかったのに。

さらにはママ役の女の子の 超ウルトラ棒読みが光る。

ギャングたちのこの上ない 芝居のぐだぐだ感に 1時間くらいのところで感染してしまいあとはすんなり見れます。

一番驚いたのは、この映画の  ロボットが生きたいと願うシーン。

わりと中盤ですでに出てきてしまう。

あれ? と皆さん思いますよ。 クライマックスちゃうんかい!て。

シガニーウイーバーが年取ったなー。
ヒュージャックマンかっこいいなー。
スラムドッグ ミリオネアの子 大きくなったな~。

とか感慨深いとこも多々。

ペラッペラの映画ですが 本当のところ 僕はちょっとよかったです。
皆さんもこういったことを踏まえたうえで是非(^0^)/



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

猪虎亭

IMG_1033.jpg
IMG_1031.jpg
IMG_1029.jpg
IMG_0990.jpg

ありがとうございました。