本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

手品のセンス

不思議 はいいですね~ほんとにいい。

不思議 はもともと 不可思議 で、 一、十、百、、、億、、京、、那由他、、のまだ上やもんね。
http://gogen-allguide.com/hu/fushigi.html



どうしようもなくセンスの悪い、むしろセンス自体が無いといったほうがよい自称一流マジシャンが来られ、
とんちんかんな手品理論を聞かされ、少しばかり寂しさの風が心に吹いた今日この頃。

それを拭い去りたいために過去の話を少ししましょう。

以前会った マジシャンのお話し。


31歳のオタク風青年 Aさん。 彼が手品見てくれと言うのでお付き合いしました。

カード5枚出してきて キング4枚に A1枚だと、説明。
    キングが一枚ずつAになって裏の色も変わる。

※どこぞで見たようなよくあるパケットマジック。
パケットマジックをほとんどやらない知らない私は、最近のマジックはここからもう一回くらい色がレインボーとかになるんやろな!と思っていたら案の定!
でもちょっと工夫がありました。最後に自分の名前がカードに出てきた。爽やかでした。


パケットというのはその限られたちっちゃい宇宙の中でどんだけ膨らませるか、表現するかの美学追求だと思います。
もういろいろ出し尽くされたと思われがちだけど、そもそもそこに 宇宙 なんて大げさなものがあるのだからちょっとしたアイディア、表現ひとつで無限に広がる素晴らしい世界なんだと思います。
20年も前ですが大先輩のタブチ師にたくさん見せていただいた感動をいまだに覚えています。

Aさんの結末にしたって安易ではあっても ストーリーがよかった!
エルムズなんちゃらとか ほにゃららチェンジとかハンドリングを凄く練習されていた!
優しくて丁寧で、、、、見入ってしまった。
特に私が好きなのは、何とかオリジナリティーを添加しようとする努力。

そこには甘い芳香のある 『不思議』 がありました。手品師はそれに出会えた時とても喜びます。

出来る人は手品であろうがどんな宇宙だろうがそれを自分の職業や立場に当てはめて考えたり想像出来たりします。
出来ない人は 『俺関係ないわ!』で一瞬終わりです。

悲しい話ですが、そのホニャララカウントとかチェンジとかすら満足に出来ない、練習を怠る、学び方がわからない自称マジシャン それを認める雇い主が私の周りにわんさかいます。

Aさんは鍛錬された様相がありありと映し出され、だからこそ知ったようなマジックにも
素晴らしい不思議を生み出せてるのだと感じました。


合掌