本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

夢の職業

3年目のプロマジシャンに、
『面白いマジックとは?』
と聞かれた。

20年くらい前は僕もよく必死で考えた素晴らしいテーマです。
ここ最近はそこにスポットを当てて深入りした覚えはないけれど、その答えはすぐに出た。

面白い○○とは?

と考えて道に迷ったり、悩んだりしたらひっくり返して、
○○の何が面白い?
何処が素晴らしい?
と考えてみる。

どの職業でもそうだと思いますが、
憧れてその世界に入った。その時に味わった何ものにもかえがたい思い出があると思います。

面白い芸とは?
芸の何処が面白いか?

面白い医者、医学とは?
素晴らしい看護とは?
医学の何処が面白いか?
看護の何が素晴らしいか?

面白い本屋とは?
本屋の何が面白いか?

楽しい風呂屋とは?
風呂屋の何処が楽しいのか?
、、、、、、、

僕の場合なら
面白いマジックとは?
マジックの何処が面白いか!何が素晴らしいか!

もう答えは簡単に見つかります。

皆さんにとっての職業。
僕にとってはマジック。

○○の何が面白いか?
と聞かれたら、
あの時感じた○○の素晴らしさ!自分が貫いた絶対の自信!
壮大な目的が出来たと思う。
揺らいだ事もあっただろうし、辞めようと思ったこともあったと思う。
でも何かを守るため、何かを達成するため貫いてきたはず。

僕にとってのマジックは子供の頃、その全てが面白かった!
ミラクルでスペクタクル!そして圧倒的な【不思議!】
それに心を揺さぶられました。

何かを見ておかしかったら笑う!
悲しかったら泣く!
映画や劇、お笑い、
全てのエンターテイメントに対する感情の表現は太古の昔から多くの事例や見本、人間の持つ自然な生理反応が居並びます。

ですが、手品の【不思議】に対しては、顔をしかめる人、腕組みをする人、感情反応を抑え込みただひたすら見抜いてやろうとだけする人、、、、さまざまですが、優しさがありません。

でも唯一、気持ちを抑えようがない手品の個性。
それは 【驚き!】

僕もその驚きに魅せられ、いまだに素晴らしい驚きに出会う度、子供のようにドキドキワクワクします。
あのワクワク感を体験してしまうともう抜け出せません。中毒です。
その時僕は笑顔です。皆んなに誇れるほど笑顔!
驚きをいただけた時の感動と笑顔。
それは多分、【幸せ】と言うものだと思います。

そう考えた時、
驚きのある不思議
笑顔になる不思議

それらを求めて自分の職業と向き合った時、おのずと面白いマジックとは、

見た人が笑顔になる驚きのあるマジック!

というひとつの答えが出ました。
もっともっと無数にある素晴らしさを何十年とかけて探す足がかりと勇気にはなったと感じます。

不思議がマジックの持つ最大の個性だとすれば、
その職の持つ最大の個性を活かす。

"笑顔になる個性の発揮"

が、面白い○○ の答えだと思います。

彼に質問されたおかげで

無数にある職業・仕事の中で、誰しもが自分の好んだ職業につけるとは限らず、
自分のなりたかったものになれたことに感謝の気持ちが絶えなくなりました。