本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

映画 『 LOOPER / ルーパー 』

いつの時代も タイムパラドクス物というのはひどく受け入れられる。
タイムマシーン、ターミネーター、バックトゥザ、ドラえもん、、、、、、、、、

パラドクスをネットで調べると
さも当たり前の事をさも自然に成り立つがごとくに説明できて成り立たない事象。
なんて書いてある。

ややこしい~~~ ほんっまにややこしい~!
そこがええねんやろね^^
あんまり深く考えたらあかん。なんかふわっと捉える感受性が必要かと。。。。。
特に映画や小説を楽しむ時は特にそうかもしれませんね。
パラドクスというのは何がなんだかわからんと言うことだろうと思います。


うんこ踏んじゃいました><
5分だけ人生を巻き戻せたらうんこの場所で避けようと考え巻き戻す。
5分巻き戻したらうんこを避けれたが車にはねられる。
また巻き戻す。
車は避けられたが崖から落ちてしまう。
うんこの方がましだからまた巻き戻してうんこ踏もうとするが
崖から落ちて足が無くなったのでうんこ踏めない。

とかなんとか、、、、、、、
これは僕が中学校のときに書いた作文です。

やはり男はタイムとラベルにあこがれるのでしょうか。


さて今回の映画 ルーパー
(ジョセフゴードン ブルースウィリス)

2時間あっという間!!

と言うことは面白かったということ!
スリルあるしワクワクするしとにかくわかり易い!
それだけでもう90点越!見て損はなかったです。ありがとう。
僕はどんな映画でも大抵は楽しめる性格なのでそういう結論ですが、
もう一人の辛口の俺が言うにはこの映画、

まったくループしていない!

一番核やろ!と思う。

メメントみたいにやたらめったらループしてくれ!
パラドクスという何がなんだかわからんテーマでそもそも作っとるんやから
思い切ってループさせろ!と思う。

アメリカではドラマ流行。2時間の映画では表現しきれないのだろう。
監督さんたちはこぞってドラマを作る。
かといって シーズン4とか5とか言われたら長ったらしくて見る気になりません。

昔、クンタキンテの出てたルーツが俺の中で一番のドラマだな~^^

2 . 3 ・・・・と作ったらなかなか1を越えられないなんて言うけど、
今時はわりとそのほうが楽しみがふえて良いのかもしれません。
先月見た ホビット なんかは2が楽しみでしかたない作品。

ですので本作 ルーパー

かたよった物の見方!優しい見方の出来る方に超おすすめです。

=====================

映画始まる前の予告編で ダイハード5がやってて
ここでやったらあかんやろ!と思いました。
なぜやったらあかんかは曲がりくねった俺の感性なので皆がそうかはまったくわかりません^^



写真はちょっと遅めの初詣 20日 嵐山車折芸能神社

車折神社20130120