本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

ジャンバルジャン物語

映画のお話し。

子供の頃、夏休みの読書宿題、推薦図書 『ジャンバルジャン物語』という題で読まされた有名なあのお話し。



見た?

レ・ミゼラブル


まあどう言うたらええのんやろ。 感動!

何に感動したかと言いますと、お話や美術や役者のうまさみたいなものとかいろいろだけど、突出して僕のつぼに入ったのは

『どうやって撮ってるのだろう????』

という疑問と好奇心と夢です。

だって、全編歌ってて、それにうしろの音がぴったり合ってる。しかもそこに演技が加わる。
いったいどうやってすべてをピッタリ合わしてるのだ?!

まず一つ目 そう思って見て。

ジャンバルジャンと警部のセリフ合戦。二人のセリフがシンクロしたりはじきあったり。凄まじいです。
本当にどうやって役指導したらああゆうシーンになるのか知りたいです。




悲惨な場面でうしろの音楽が、メジャーコードなところが多い。
明るい楽曲がなっていると、なんだか悲惨でも勇気がわいてくる。まさしく今から困難に立ち向かおうとしている時、場面のBGMのサポートが完璧! あんに、これから未来が希望に満ちているのではと気持ちを高揚させる。

二つ目 そういうことを感じながら見てください。

この映画は、 4割役者 4割音 残り2割が映画の要素もろもろです。
要するに役者と音が素晴らしいのです。そのように作り上げたスタッフはまさに神様だと思いました。

舞台仕立てのような作りも含んでいるので、幕の切り替え部分が要所に存在します。
言ってはいけないけど、前半クライマックス、アンハサウェイのベッドでの壮絶シーンで転幕なのだけど、
幕が変わった瞬間に初登場するのが、アンハサウェイと離れ離れになっていた娘。
この演出がにくすぎて俺は気絶しそうなくらい興奮しました。
これ以上言えませんが、誰かと誰かというような人物対比の描写がところどころ絶妙な味をしめます。

アンハサウェイ、その子供、子供が大きくなったときの女優さん、
この方たちの歌う魂でこの映画は別次元の圧倒的な素晴らしさをまといます。
主役のヒュージャックマンや他の方たちもえげつない歌唱力ですが、やはり前にあげた女優3人はけたはずれです。
歌唱力云々でなく魂です。

三つ目 歌唱力と表現力がそれはもう見たことのないレベルです。本当に感動します。

ジャンバルジャンとハサウェイの子が馬車に乗っているシーンで ジャンバルジャンが夢と希望を歌います。
歌詞(日本語訳ですが)に注目してください。歌詞に心をこめてその歌詞を表現しきるヒュージャックマンに涙がとめどなく出てきました。



転幕して革命のパートになります。
後半の準主役の男がハサウェイの娘に恋しますが、それを揶揄したり励ましたりする友達の歌シーン。
注目です!なんという役者さんか知りませんが、個性的で知性があり誇り高いです。脇役シーンなのにそれはもう打ち震えるほどの勇気がわいてきます。




200年前のフランスのお話しです。
日本で言うと江戸時代とかそんなんです。なのにフランスの人はお洒落です。みんな現代でも充分通用するお洒落。
映画だからか本当にそうなのかは僕はわかりませんが、へ~ と思って見れました。

知ってる曲も多く親しみやすいです。

役者のセリフに対するBGMが役者ごとに定まっているのかどうか、一回見ただけなので記憶できませんでしたが、
多分だけどなんらかの法則があると感じました。
曲と人間とのリンクがはっきりわかりやすく伝わってくるところも魅力です。


本当は2時間30分いっきに見て欲しいですが、無理しないで見て欲しいです。
長いな~と感じて見るより、3回に分けて見た方が楽な映画かもしれません。
ミュージカルは映画の中でも趣味が偏るのでセリフが歌だと見ていてしんどい方も多くおられると思います。
そこで提案が分割して見る作戦。 1時間15分づつ2回でもいいですが、僕のお勧めは3回!

一回目は 最初の転幕、ジャンバルジャンが川に飛び込むシーンでお休みにして楽しみをとっておくと最高にわくわくします。前半40分あたりです。
二回目はそこから1時間見ます。くぎりどころがいくつかあるので、ポイントは決められません。1時間でぴったりやめてみましょう。
そして残りいっきです。
そうすれば ミュージカル苦手な方も、きっと今日からミュージカル自慢ができるほど好きになるでしょう^^



と言う具合に本日は レ・ミゼラブル べた褒めでしたが、やはりこれも趣味のものです。
嫌いな人には何をどうしたって嫌いなしろもの。無理に好きになろうとせず、八夏の言うこと聞いて一回どんなもんか見てあげるわ! と言った気持ちで楽しんでくださいませ。

僕はこんなに素晴らしい映画を、映画館で見ずにDVD観賞になってしまったことを、
中学校のとき制服のズボンが破れて、下はジャージ、上は学生服で過ごした一日くらい後悔しています^^



でもどなた様か、はたまた神様かは存じませんが、良い映画に出会わせてくれてありがとう。