本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

ワールド・ウォーZ

よかった⇔よくなかった 採点でいくと

ど!ど!どっか~ん! と良かった^^



手品でもお笑いでも歌でも、、、、、

ターゲットを絞るっていうのは本当に優れた効果を得られるのだなと思います。

アメリカ映画特有の変なラブロマンスもなく、ただただ"危機感"という感性にだけ的を絞って訴えかけてくる作品!
秀逸です!

ゾンビものにありがちな暗い風景もなくずっと明るい。
突然 ガッターン! とか鳴って音でびびらさない。
内臓はらわたべろ~んなんてとこもない。
怪物の描写以外には派手なCGも使ってない。。。と思う。

てな具合で安モンさがほぼない。

なのに2時間のっけから終わりまでずっと戦いぱなし! 凄いとしか言いようがない。

息が止まりそうになる。おしっこちびりそうになる。画面に釘づけになる。なんでそないなるねん?!ていうつっこみどころも少しある。


怖い でもない。 驚き でもない。 感動 でもない。

とにかく 危機! 危機! スリル満点の傑作でした。

ぎりぎり劇場で見に行けてよかった^^ 映画の神様ありがとう。