本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

良い・悪い・まあまあ

ウルヴァリン

良いか悪いかはっきりしないといけない時は"まあまあ" ある。

そう言った意味での まあまあ でなく、出来不出来の評価としての まあまあ。
でも、あたりさわりなく評価したら まあまあ が適当適切になってしまう。
他の言い方はないものか?

むしろ、悪いと言われた方が まあまあだと言われるより気分的にましなこともある。

『あの人の手品まあまあやったね。』

ショックです>< けなされているようなもんと感じてしまいます。


ほんで今日は映画のお話し。

今月はなんやかんやありましてあまり見れてないですが、見たやつをちょっとご紹介しましょ^^

僕は基本的に、見た映画をけなしません。割とどこかしらええとこ探してほめるほうです。

が、、、、、、

まあまあとしか言い様がない!
ほんまに まあまあ。

● ウルヴァリン SAMURAI 映画館

まあまあ中のまあまあ。まあまあのトップクラス!

写真は ブルース・リーをリスペクトしているのでしょう。わりかしかっこいい。
この役者さんは大好き^^ レ・ミゼラブルでさらに大好きになりました。

ほんで本作。女優さんたちのぶっさいくなこと^^
アメリカ人の好みなのか???

ストーリーのええ加減さ。設定の曖昧さ。シチュエーションのちぐはぐ感。どれをとってもダメダメ映画なのですが、
なぜまあまあかといいますと、映画として楽しいからです。

マーベルコミックものはえてして漫画の域を超えてリアリティーに走る作品が多くなってきましたが、
本作は漫画中の漫画。漫画の王道です。
そう言う意味だと100点の映画。

僕の大嫌いなキスシーン・ラブシーンさえ出てこなければ200点のある意味傑作に近いまあまあ映画でした。




●ビザンチユム 映画館

モラル!自分にかせた絶対的なモラルを守りながら200年間吸血鬼として生き抜く16歳の美少女。
残された人間性は失いたくない。愛を忘れたくない。人としての葛藤を繰り返し、永遠の命に疲れる16歳。
200年間、彼女を殺そうと追い続けるのは人間ではなく男吸血鬼。
吸血鬼組織に不純な女吸血鬼はいらないと掟を定め執拗に迫る。
200年もの長きに渡り逃げ続ける少女。
白血病の人間青年と出会い、どうすればこの青年と一緒に過ごせるのか!
本編設定では、吸血鬼は人間の命を血を吸って奪うのみの存在。
吸血鬼が吸血鬼を生み出すわけではない。

そんな少女の心を情緒豊かに表現した超ラブストーリー。


どうですか、なんとなくちょっと見たくなってきませんか?




まあまあでした^^

少女がめちゃめちゃ可愛い~。 ラブリーボーンの主役の子。
気になった方は是非。


●ライジングドラゴン DVD

ジャッキーのことが好きすぎて、まともに評価できひん><
ジャッキーが出てたらもうなんでもええと思ってしまう^^

アクション最後と公言した話題作!!!


まあまあヾ(^。^*)

ジャッキーだから許しちゃう^^


●エスカレーション DVD

いじめにあった生徒が復讐のために同級生を地下に閉じ込めて拷問にかける映画。


出た~!!!(^O^)

年に一度の、、、、、、、、、、、、、、、


大馬鹿作!

映画ワースト1位~5位の評価がこれだとするならば

1位、なぜ作ったのだ
2位、時間の無駄
3位、悪意が生まれる
4位、病気
5位、詐欺


全部入ってる。。。。。。

300本見たら 一作か二作しかけなさない俺。

じゃじゃ~ん!本日は映画寸評でしたー!



※猪虎亭 http://happy.ap.teacup.com/chocotei/