本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

名古屋のマジシャンは明りゃー!

僕は以前6月にこんな日記を書きました。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

僕は独学です。

師という人がいません。

いや! それはむしろ多くの人が師ということです。

影響を受けた人や尊敬している人、もちろん手品師以外でもたくさんいますが
手品師では、初めてマーカテンドーさんを見たときは涙が出ました。
パピヨン大西さんを見たときは、これこそが俺の目指すものだと思い、庄野さんの手品を見た時は芸術を感じました。
根本さんのマジックに憧れ、デビッドウイリアムソンさんのビデオは100回以上見て、
二川さんのレクチャーには出来る限り行きました。
多くの若手マジシャンにショックを受け、ジョニー広瀬さんに感動して、トニーDさんの手品を初めて見た時は奇跡を感じました。。。。。。。。

皆 先生です。
見ただけで言葉を交わしたことのない方もいますが、影響を与えてくれたことに心から感謝しています。

僕は 『ありがとう』と言います。
いつかお会いできたらきっと心の底から ありがとうございました!と言います。

感動をありがとう!
手品を教えてくれてありがとう
喜びをありがとう
食べていけるようにしてくれてありがとう

感謝の気持ちでいっぱいです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。



マサキさん 名古屋
名古屋のみんな


本日は名古屋から手品師さんがご来店。

僕の古さを痛感しました。

僕が日頃から言っているし、ちょっと前にもブログに書いたが
手品師さんというのはなぜかしら マジックバーに来ると手品師であることを隠そうとする。
僕はどこへ行っても大抵は初めに必要であればだけど自分が誰か名乗って挨拶を重んじる古い世代の人。

だから、手品師を隠すのは自分の職業に自信と誇りがないような気になるので僕にはあまりない考えだけど、
どうも多くの人がそうゆ~感じみたいだし、
多分だけど、思いやりみたいなものなのだろうと思いました。

『手品師とわかったらやりにくいだろう』

という気遣いみたいなもの。

それと、いちいち手品師とばらす必要がないのと。

なぜ急にそう思ったかと言いますと、本日来た名古屋の手品師さんたちもどちらかというと身分隠密派だったけどなんとも明るいこと^^
そもそも人間がめちゃめちゃ明るいから隠そうとしてもすぐばれちゃうし隠し方にイヤミがない。
それを見て思った。

やはり、手品師だとわかるとろくに手品をしてくれないところが多いのだろうな~
彼らは経験からそういう選択を仕方なしにしてるのだろうな~と。。。。。

若い世代のマジシャンたちがそう思い込むマジックバー業界を我々の世代がつくってしまったのだろうと思いました。

まあ、そうは言うても人への近づき方なんて人それぞれ!自分の好きなようにやればええわけですが、
今日の彼らは得してるなー!
明るさがしょっぱなからキラキラしてるし、近寄ってきただけで好印象の連中でした。

名古屋でマジックバーをやっていたり、活躍している有名人たちでした。


ほんでびっくりするのは、
最初に書いた前の日記。

無数にいる世の中の手品師の中でごく少数俺の尊敬する手品師の一人 パピヨン大西さんのお弟子さんがその中にいてはった^^
帰り間際に自己紹介しはったのですが、俺はなんも知らんと、ショーの最中にパピヨン大西自慢をしてしまった。 ガハハ。
感動して記念写真まで撮らせてもらった。

そのMASAKIさんといい、モメントスのオーナーやゆりりん、としちゃん

この人らの明るさは、パピヨンさんと一緒で、後後に多くの弟子に慕われるのだろうな~と感じました。

名古屋の人たちありがとう^^