本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

力強く生きる方法

4年ほど前のこと、

その当時の弟子が自分の日記にこのようなことを書きました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

先週、先生の地元に営業に行きました。
お客様は全員先生の同級生です。

久しぶりに会った友達は先生に、
「人どついてないか?」
「ケンカしてないか?」
「相変わらずまっすぐ生きてんのか?ちょっとぐらい曲がれよ^^」
という挨拶を口々にしていました。
女の人も男の人も皆、本田!本田!と寄って来るので僕は何故かとても嬉しかったですp(^^)q

僕は先生は中学生の時、不良だったと思っていました。
でも同級生は違うと言ってました。

「こいつはただ曲がった事が嫌いなケンカ好きや」
「遠い中学からこいつにケンカ売りにきとったわ。漫画やでほんま^^」
「ケンカばっかりしてたから不良やと思われるかもしれんけどこいつは真面目やった。
それに、なりよりめちゃくちゃ器用やったな~いつも手品見せてくれた^^」

そして宴会も終わり、帰ろうとしたとき、先生の友達が

「本田!応援してるぞ!頑張れよ!」 と言いました。

すると先生は
「俺が今日も逃げ出さずに頑張れているのはお前らと子供時代を過ごして根性と優しさを覚えれたおかげ。
とにかくお前らのおかげや^^」

と言いました。

凄いセリフやなと思いました。ちょっと震えました。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


ええ話でしょ^^

ちょっと弟子の日記を懐かしんで読んでたら出てきた。

偶然ではないような気がします。

最近、仕事のことや体のこと、吉備八丸のことや仲間のこと、ひとつひとつをすごく重く考えてしまう。
23日にTVに出るよと、30人くらいにメールしました。
すると熱いメッセージ返してくれて、、、、、、
母親にも電話した。随分弱っているようだった、、、、、、




●俺は小学校のとき、悪童で、ちょくちょくおかあちゃんが学校に呼び出された。

おかあちゃんは先生にペコペコ謝っていた。
その帰り道、俺はおかあちゃんに

『ごめんなごめんな おかあちゃんを泣かしてごめんな。』 と何度もあやまった。
すると お母ちゃんは、

『太陽はすごいな~。ものすごい燃えてる。 太陽なかったら人間、生きていけんがね!
あの人はすごいわ。
でもあんなに燃えてるのに タバコに火、よーつけよれへん。
あんな火いっぱいもっとるくせに役立たずなとこあるもんやな~。
でもそれが太陽の欠点やないわ。
あの人はそんなちっちゃいこと気にしてへん!
もっと大きな自分の使命まっとうしてはるわ^^ 

浩之(八夏) おまえもいっしょや!
ちょっとくらい学校に呼び出されたくらいで悲しい顔するんやない!
そんなことがおまえの欠点やない。
ちっちゃいこと気にすんな。
大きな使命持って太陽さんみたいに大きな志し持って、おまえがおらんかったらみんなが困るようなでっかい人間なりなさい。おかあちゃんは呼び出されるくらいどうってことないわ。』
、、、、、、、、、、、、、、、、、、


俺は中学校になった時、おかあちゃんに聞いた。

『あの話は、おかあちゃんが考えたんか?』

おかあちゃんは言った。

『あんな、おかあちゃんは勉強苦手やろ^^ 
だから近所の婦人会で ”偉い人の言葉”というのをならってきたんや。その中にあった話やで。』

おかあちゃんは 照れくさそうに俺に話してくれた。

あの時代 兄弟4人、半母子家庭状態のあの家で、一生懸命過ぎるほど一生懸命に俺達を育ててくれたおかんを心から愛してる。




仕事が忙しくなればなるほど 母を心配しよう。母を思おう。
仕事先の人を思おう。仲間を思おう。弟子を思おう。

そして毎日を一生懸命生きよう!




>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


ちょっと知り合いの宣伝

タカ南宣伝