本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

ドラマ 『おみやさん』

東映撮影所でのマジック協力の仕事が終了しました。

新春スペシャルドラマ 『おみやさん』

是非ご覧下さい!


今回のお仕事、渡瀬恒彦さんのマジック演技部分のご指導ということでしたが、僕自身あることが大変勉強になりました。

見知らぬ現場で、その流れや作法、空気などを察することも大切ですし、なにせ知らない世界ですから待機の立ち位置までわからない始末。
それら全て勉強になりましたが、一番感じたのは 『手品を活かす!』 ということです。

本番、渡瀬さんが ハートのAを出し もう一枚引いたらあるはずのないハートのAが出てくるというシーン!

僕は漠然とただひたすら脚本通りそうなるようにトリックを組み、やり方を伝えることに専念します。
マジシャン目線で見ますと、あまり面白みのあるマジックではありませんし伝えたいことがよくわかりません。
ですが心にそういった違和感を感じながらも指導に集中します。

するとリハーサルのその時です!

ハートのAがもう一枚出てくると、渡瀬さんがアドリブで

『あれ知らないの?小学校2年生の教科書で習ったよ。』 と入れてきました。

張り詰めたスタジオが一気に笑いに包まれました。
多分ですがそのシーンがオンエアーでも使われるのだと思います。

手品自体がどうこうでなく、少しの指導でトランプをさばいたことも凄いですが、

セリフによって 手品を活かす! そしてそれにより シーンが活きた! んだと僕は思います。

『表現されている手品の風合いだけで咄嗟に注がれるセリフ!』

手品師として演芸人として羨ましい限りでした。

僕たちは常日頃から 手品目線 で手品を見すぎなんだと感じました。

『手品を通じて人と出会い喜びを共有できることがなんと幸せなことか。』 みたいなことを言った方がおられます。

まさにそれ! 渡瀬さんのセリフにより圧倒的な幸福感を得た一瞬でした。


僕がここに書いた文章はひょっとしたら 役者目線で見ると普通のことかもしれません。
なんと大げさな奴だと思われるのかもしれません。

でもそこがおもしろいのですよね^^

放送日はまた告知します。

コインのシーンではひょっとしたら僕の手も映っているかもしれません^^ 是非ごらんくださいませ。

東映様ありがとうございました!