本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

ご近所のマジックバー

IMG_3686.jpg

これが手に入りませんか?
どなたかご存知ないですか?

と、ブログに書きましたところ、、、、

僕の店を少し南に行った所にありますマジックテーブルと言うマジックバーのお客様がそこのマスターにこう言ったそうです。
『向こうのマジックバー猪虎亭のブログ面白いで、アホの弟子が出てきよる。これが面白い!』

それを聞いたマスター、マジシャン喜多氏はブログを見ました。
そこで僕がこれを探しているのを知ります。

奇跡!喜多氏は10年前に買ったままにしてあるさらっぴんをお持ちらしく、

なんとわざわざそれを僕の店まで持ってきてくださいました!
わざわざ持ってきてくれたのですよ!!
さらに! 使わないから僕にそれをくれると言うのです!!!
男気にもほどがある!それほどに気前よくくださったのです。
ああゆー男前の手品師が近所におるんやな~としみじみ熱くなりました。

喜多さんは僕より少しお若いようですが大ベテラン!
僕がまだ寿司をこねくりまわしてた頃からプロでやっておられる凄腕の大先輩です。
祇園で何十年間も親しまれるマジックバーを続けておられるのもやはりあのお人柄だからなのでしょう。

本当に感謝いたします。


さてその一時後、吉備八丸にお使いに行くよう頼みました。
喜多さんのとこへこのお酒をお返しに持っていくのだと。

ええか!失礼のないようにちゃんとセリフ覚えるんやぞ!

言って見本を示した。

こんにちは。僕は本田八夏の弟子で吉備八丸と申します。
大変お忙しいところにお邪魔して申し訳ございません。
師匠に仰せつかった使いごとを果たしましてすぐに立ち去ります。
これは先ほどの御礼でございます。粗末なものですがお返しとしてほんの気持ちだけではございますがどうぞお収めください。
物覚えが少々悪いので師匠に言われたままのお伝えになりますがどうかご容赦ください。
師匠自らが来るのが本筋ではございますが喜多さんならすべて充分承知してくださる、ここはこれきちんとご挨拶も兼ねて顔を覚えて頂きなさい、大先輩にご挨拶する良い機会、これも修行のうちと言い、僕を遣わせました。
師匠の方からはまた改めて御礼をするからその旨きちんとご説明するのだぞ!
と言われました。今日は要件だけですがくれぐれもと言いつけられております。
それでは失礼いたします。



ここまできちんと言うのだぞ!セリフみたいに棒読みになってしまっても構わないからきちんと覚えろ!
覚えなかったらお前はまともに挨拶など出来ないからちゃんと覚えなさい!
と言ってお酒を持たせ喜多さんのとこへ行かせた。

まあ言葉は多いけど本題がはっきりしているセリフだから普通の人なら多少文句が違っても内容変えずに伝えられる文章だ。

ところがなにぶん 吉備八丸である。

知り合うた仲の喜多さんであるし心の広い方なので、なんか失敗があってもあとで説明したらきっとわかってくださるし、後輩にはめちゃくちゃ優しい方と聞き及んでますので、あまり心配せず吉備を使いにやりました。

10分くらいして帰ってくる吉備。

ちゃんとでけたか? と聞くと。

『はい^^ 半分位は行けたと思います。』

どない言うたんや? ワシにももう一回おんなじ事言うてみー!

『はい言います。』
『弟子です。吉備八丸です。お使いです。忙しいけどすみません。これお酒です。しょーむないもんですけど飲んでください。
僕馬鹿だからちゃんと言うように命令されました。馬鹿だからあとはわかりませんが先生が尊敬してるのは喜多さんて言えって言ってました。
では忙しいので失礼します。』


とこのようにちゃんと言いました! と胸を張る吉備。

うむ!お前にしては上出来だと言って笑う俺。
ちゃんとなんで先生が直接来ないか説明せなあかんかったんやぞ!ともう一回教えた。
うんうんとうなずく吉備。

それで喜多さんは何か言ってたか?と聞くと

『買い物はちゃんと行けるようになったのか?^^』 と言われました。

ほんでなんと答えたのだ!

まだ危ないと言いました。喜多先生笑ってました^^



喜多さん ブログ読んでくれてはるんですね^^
本当にありがとうございます。  八夏