本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

使いどこ

手品には3種類のやり方がある。

間違ったやり方、正しいやり方、俺のやり方!


なんてことを常日頃から合間のセリフでよく使う。
こんなもんは重いこともなく軽いこともなく、
へ~ とか クスっとさえしてくれればいい代物で他意はない。

先週お医者様が来られた。脳外科だとおっしゃってました。
やたらそのセリフをお気に召したようで、その場で言っておられます。。。

脳の手術には3種類のやり方がある!
間違ったやり方、正しいやり方、俺のやり方だ! ガッハッハ^^



患者さんには言わない方が良いですよ^^ とアドバイスしてさしあげた。

するとお医者様はニッコリ笑って『イエス!^^』 僕もすかさず 『高須クリニック!』

これだけで充分、たったこれだけでいいのです。
この一連でこのお医者様が鑑賞能力が豊かで、物事を楽しむセンスが光っているのがありありとわかる。


"使いどこ"ですわな^^

この 使いどこ というのも僕の常に意識していることの一つで人生のテーマです。

マジシャン連中にしかわからないかもしれませんが例えば、
テンヨーの商品でも使いどこと使い方さえうまいこといってたら、時としてプロが使ってもおもろいもんに出来上がることがあると思います。

手品をかじった方や中にはプロと名乗る方でも、テンヨーを出した瞬間、
なんや!テンヨーやん。とか、知ってる手品が出てきた途端に、はーそれ知ってるわと言う人がいます。
可愛そうですがそういうことを言う、態度に出す方はその人のレベルが低いのです。
コミュニケーション言語の使いどこをわかっておられないセンスの弱い方なのです。



僕は落語が大好きです。
特に米朝、枝雀は40年のファンです。
大昔僕が勤めている店に枝雀さんが来られた時はおしっこちびりそうになりました。
同じ作品を何度も何度も聞きます。楽しみます。
枝雀さんと米朝さんの違いがまたたまらないです。
宿屋仇の表現方法なんてしびれるくらい二人の味わいがそれぞれあります。 だから味わえます。
桂文珍さんも好きです。
もしよかったら桂文珍さんの 帯久 と米朝さんのとを聴き比べてみてください。
きっと二つの大きな喜びに出会うはずです。
同じ作品、知ってる作品、なのに味わえます。

表現方法と使いどこなのです。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

きのうは夜中に出張だったので猪虎亭は早仕舞いでしたが
何人かのお客様が早い時間に来てくださいました。
輝くばかりの美女を前にして、お客様から

『マスター 今日はテンション上がりすぎちゃうか^^』と言われました。  御意^^

ありがとうございました。



2月9日 日曜日は
滋賀県西大津イオン 無料マジックショーです。
皆様お誘い合わせの上どうぞお越しくださいませ。
4F フードコート横 特設会場
11:30 1:30 の二回 一回40分


IMG_3702.jpg