本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

愛される嘘!

人それぞれやな~
感じ方、考え方、千差万別ですね。

良い考え方、悪い考え方、気色悪い捉え方、味な見方、、、、
いろいろある。

人の意見はその人の自由。反対の考え方だからといってその人が敵だという訳でもない。
友達の神田はくりーむしちゅーが大好きだ。俺はあんなもんなにがおもろいねん!と言う。
俺はチュートリアルが大好きだ!神田は、あれに面白さを感じる奴の神経がわからんと言う。
でも俺と神田は仲がいい。

俺も神田も、お互い同士の時はボロカスに言い合いするが他人が何を好きであっても下衆な発言はしない。
その人の自由だから。他人の感性をあまり馬鹿にしない。

ただしかし俺には頑固なこんな考えがある。

間違っていても正しかっても、愛される考え方の奴っておるな~と思います。

この人の発言について皆さんはどう感じるだろうか。

Sはいい奴です。
正直で明るくて照れ屋さん。女の子がいるとモジモジモジモジして言葉すら言えない。
Sと数人の男ばっかりで北斗の拳について語り合っていた。凄さ比べだ。

ラオウがやっぱり一番強いで~

カイオウとラオウがやるの見たいな~

トキが病気やなかったらいったいどうなっとるんや

がたがた言うとったら南斗鳳凰拳くらわすぞー!!

それにしてもあいつらすごい!いったい誰が一番なんやー

皆人間ちゃうぞー!

とかとか、、、、

男ばっかりで馬鹿みたいに盛り上がってた。
するとSがこう言った。

『ラオウのちんこて多分めちゃめちゃでかいと思うわ!凄いで実際!』

俺らは全員わろた^^ ほんでもって頭の中に巨大ちんこを想像してしもた^^
正しいか間違いかはわかんない。でも、やっぱりSは天に愛されてる。


そういうことなんやろな~人生て。と思う。

人を批判して悪口言うて都合の悪い奴を排除して自分に都合良く心地良い居住空間を作ろうとするのが人間様なのだ!

と言ってた先生がいました。まあそれもそうなのかな~。。。。

手品業界なんかはひょっとしてその代表みたいな性質を持ち合わせているのかもしれない。

プロの歌手の方10人くらいがひな壇で待機して次々歌っていく。よくある音楽番組の構図。
これが良いとか悪いとかそんなんと違う。一人が歌い終われば皆がその人に敬意を払い暖かい目で送り迎えし次の人と交代する。いいじゃないですか!実にいい。
味気ないかもしれないけどいい。事務的かもしれないけどいい。

さて手品はどうだろう?

一人の人が出てきて ひとつ手品する度に すげーすげー!

そりゃ確かに凄いっちゃー凄いけど、なんか違和感あるなー。
手品師いっぱいおってそんなんできて普通やと思ってる人もたくさんいるんやと思う。
歌番組でドリカムが歌う都度、スゲースゲー て言うかな~?おかしな話でしょ。

手品も手品師ひな壇に詰めこんで一人ずつ自信作演じる。
10人で2時間番組ていうのが頻繁にあってもおもろいかもしれない。

話が枝分かれしてしもたけど、最初に戻します・

愛されるものの考え方。

手品師は嘘をついてきたのです。
わかいマジシャンにちょくちょくこんな質問を差し上げる。

『手品師が必ずと言っていいほど一度はつく嘘はなんですか?それがわかりますか?』

なぜかしら、ほとんどの人がピンと来ないようだ。 中には嘘は絶対ダメと言う人もいる。



答えは


『タネも仕掛けもございません!』である。

今時はこれを言う人は少なくなったがこれを言い放つとき、それが愛される物言いで放たれるか憎まれる物言いで投げ込まれるか!

全てがここに凝縮される。それ以外のセリフでもです。

憎まれ要素で嘘をついてしまうと手品師は弾かれるご時世のようだ。

そもそも人の笑顔がめちゃめちゃ心地よくて手品師になった。僕以外にもその経緯の方はおられると思う。
自分の手品と手品上の嘘によってお客様から笑顔がなくなったのなら猛反省して一から出直そうと思う。