本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

ぴゅっとやってぱっ!

手品師になりたいのなら じゃまくさい という言葉を絶対言うな!じゃまくさいと思ったことは全部やれ!

と普段から弟子に教えています。

これがこうなってここがこうなるからあーしてこーしてここをひっぱってこっちむけたらこうだからぐりぐりしてごにょごにょまわしてびろーんてのばして ぴゅっとやってぱっ、、、、、そしたらあら不思議!

こんな素敵な手品ができました^^  てなものです。

こんだけこねくりまわして練習しても、お客様に見せるとこは最後の ぴゅっとやってぱっ てとこだけ。

でもそれが不思議を生むのです。

じゃまくさがったら終わりなんですよ。
やるのが嫌だから手順をはぶく。 悪い事とは断言はできませんがたいていは、ずぼらこきたいから自分に都合の良い解釈に持っていってそれが正しいと言い張りたいだけ。

そりゃ、さっと生まれる美学や良作、利点もあるやろうけど、労を惜しんだものになかなか感動はついてこないものだと思います。

はぶいたら本物は手に入らない、はぶいて簡略化したらそれが恥ずかしくないように自分が正しい自分が正しいと言いはらないといけない。

これって別に手品師に関わらずすべてのことに当てはまるかもしれません。

人生なんて邪魔くさいことばっかりですものね。

挨拶を省いたら無礼者と思われるし、恩を省いたらふとどき者、知的労力を省いたら愚か者と思われます。
省きたいのではなく能力がなく出来ないだけだから省くことを正当化しようと言い訳ばかりする。
『だってそうでしょ。』『あなたもそう思うでしょ。』と同意を求めて勝手に安心する。

みっともない話です。
受けた恩を返すのが邪魔くさいから恩返しをしない理由を、さも人間の歴史のように語ってきた男もいたな確か。

とにかく邪魔くさがったら信用なくしますね。

俺なんて知人が亡くなったのに葬式に行くの邪魔くさいと思ったことがあります。
すべて邪魔くさかった時期があります。
最低の人間だと思う。その邪魔くさがったすべてが仇や罰として返って来た。身にしみてわかった。

あれもしたくない、これもしたくない、あーあそこまで行かなくちゃいけないのか、、、、、
最近は特に邪魔くさいことが増えています。アホ弟子も次から次えと面倒な仕事を増やしてくれます^^
そんなこんなを全部やるようにしています。

邪魔くさくてやらないときはほとんど自分の利益ばかりを考えている時。

信用が第一と言う言葉があるなら邪魔くさがらないことも第一。邪魔くさくてもやる!これはもっと第一だと思います。



今日は何か 風吹いたら桶屋が儲かる みたいな話になっちゃったけど自論自論^^

まあいいか^^ ていう世界です。

ありがとう!