本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

R100 と 大日本人 と いたりきたり

R100

いちいち面白い!!!

これがすごいんですよね。
いちいち。

通しでどうこうとか意味がちょっととか、、、
イライラするところがさらにまたいい!

まさしく "緊張の緩和"

この言葉は枝雀さんを知らん人にはわかりにくいかもしれませんが、よく使ってはった言葉です。

ほんでもって世界観がたまらん。
表現方法に ミュージカル という有名な手法があるが、
夢の世界を表現させたら、松本仁志さんは ミュージカルに匹敵する一ジャンルを作り上げたな。

僕はファンではあっても松本信者ではないが、R100はたまらなく面白かった^^

だってあんな夢見るもん^^ 
僕らみたいに想像力を駆使しなければいけない人間にとって、夢を表現するのは火星まで行くより難しい話。憧れます!

場所わからん 時代わからん 上下わからん 静動わからん。。。。
自分が危険にさらされてるのに、何に誰にさらされてるのかよーわからん夢見たことないですか?

よーーーするに軸がわかんないの。

落語のいたりきたり。

はっきり面白かったら笑う。
はっきり悲しかったら泣く。
はっきりジーンと来たら感動する。

はっきりがなくまったく曖昧だと

『なんやねんな~っ!!イッタイ^^』 てなる。

R100は なんやねんな~! を100回は言ってしまう映画です。

板尾創路さんの月光ノ仮面もそうだけど、
夢の世界を表現して 《なんやねんな~^^》 と言われるのは最高の賛辞だと思います。

勝手に夢の話と決めつけて話しましたがまあ僕にとってはそれでいいのであります^^

もう見てしまって、おもんなかったという人は仕方ありませんが、
これから見ようと思う人は、

《一回でもクスッとしたら負け!》 そう自分に制約をかけて、松本仁志と勝負する気で見てみてください。
きっと凄く良い勝負になり、勝っても負けても真剣勝負の醍醐味とロマンを味わえると思います!

そんな映画めったにありません!

R100

※参考
いたりきたり
https://www.youtube.com/watch?v=sygdW3_vqbw

緊張の緩和 という言葉が出るのん。
https://www.youtube.com/watch?v=koIlpX6ABnw