本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

スタミナサッカー

個人技の時代 ~ パスサッカーの時代 ~ スタミナの時代~

サッカー好きの僕の好き勝手な理論。


スペインの敗退はショックだった。
でも見ましたか! あのチリのサッカー!!!

シビレタシビレタ!鳥肌ものだった!
スペインはスターも多く日本でも人気の選手がいるから、どっちかというとスペインよりの応援が多かったのではと思います。
だけどあのチリサッカーは素晴らしい!シビレテ震えてプルプルなりました。
あそこに超大好きな サラス サモラノがいたら俺は確実にうんこちびってます。

チリが第一戦と戦い方が違う! 
スペインの戦い方に合わせて戦い、さらにその上を行く戦術。
相手の真似をしてさらに相手より少しだけ速く走り相手よりちょっとだけ多く動いていると言ったそんな印象。
これではスペインは勝てないはず。なんという力だろう!感激ものだ。
一戦目とスタイルを変えられるのも個人の能力の高さだと思います。

そしてなにより "体力"

スペインは後半20分くらいから足がからんだりつまずいたり、裏に走る力がなかったり。
疲労困憊といった感じだった。それでもチリは走った。
そのちょっとの差が 2点だったのだろう。

なぜカシージャスなのだろう? とも素朴に思います。
イタリヤのブッフォンにしてもそうだけど、スペインやイタリヤほどのサッカー大国。
新しい逸材・天才が次から次へと出てきそうなものだが、経験値がそれをまさるものなのだろうか?ベテランの方が良いのだろうか。
それは僕にはわかりませんが、 ベテラン有名選手が出てきてもアイドル的に喜ぶといった嬉しさしかありません。

またそれも結果論なのでしょうけど、もしイタリヤが優勝したら、ブッフォンは凄い年配者ということになり崇められるのでしょう。

今回のワールドカップは スタミナ勝負と予想します。

技術・戦術・経験 よりも 体力
決勝戦ではスタミナ軍団がぶつかることでしょう。

チリのスタミナに驚愕した試合でしたが、そのほかの試合。なんせオーストラリア オランダ !
オーストラリアに勝って欲しかった~><

ベスト8あたりには チリ・ドイツ・アルゼンチン・日本・コートジボワールとかが来てくれたらええのにな~なんて思ったりしています(*゚▽゚*)/

今回のサッカー日記はこんなとこです。


※日本のこと書きたいけど、好きすぎて怖いから書かれへん。
次回かその次はきっと書こう(´∀`*)