本田八夏

MagicBar 猪虎亭 マスターのブログ

過去ログ

ハクソーリッジ

25日は
滋賀 アヤハレークサイドホテルでマジック

シオミ会

またまた濃い ゆる~い 素敵な会でございました^^

26日は
ハッチと二人で 
映画 ハクソーリッジ

実話なんですって。

アメリカ軍が沖縄を攻めるお話し。

『いろいろ』

本当にまさしく いろいろ考える・考えさせられる映画です。

殺しながら助け、助けながら殺す。。。。

戦争の矛盾がよく表現されていました。

プライベートライアンと比べるコマーシャルしていましたが、
プライベートライアンほどストレートには入ってきません。

監督の手腕 センス です。

ですが僕は 2時間15分があっという間で大変面白かったです。


IMG_9160.jpg
IMG_9162.jpg
IMG_9164.jpg

🍀 最近 めちゃめちゃ気になったのが

『サッカールール改正案』

検討中らしいですが
90分を60分にしようというのが最大の改正点だとか。。。。

改正と言っても、90分が間違っているわけではなく、
より現代事情に溶け込みやすくするためなのだそうです。。


僕自身 大のサッカーファンで、とても興味あります。
僕のFB仲間にはサッカー関係者が多いからすごく関心高いんじゃないでしょうか!

反対でも賛成でもないけど、

終盤あたりにケガしたふりするとか、
やらしい芝居、パフォーマンス、、、、、

あれにはウンザリ!!!

そこいらを改正してほしいな~。

ほんでから  《オフサイド》

あれもわかりやすくしてほしい。


♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦


【今週の動画】

またいつものように 一発撮りグダグダで申し訳ないですが、
何べんも撮り直して ええとこどりしてもしゃーないので、手品関係者は目つぶってください^^

いつもお付き合いくださり本当にありがとうございます。


[広告] VPS

22年目の告白

 【 そいつやったんがとっても残念! 】

💛今日は またいつもの映画べしゃりと ちょっとマジックショーの宣伝させてください。

2本映画観てきた。

①怪物はささやく

あ~よかった^^
見る人の感性によって意味もとらえ方も変わっちゃう良作。

若くして死んでいくおかんに 〈僕と彼女のセオリー〉 のフェリシティー・ジョーンズ

おかんが死んでいく現実を何とか息子に直視させ受け止めさせようという話。

おかんも伝達手段・方法として夢・ファンタジーをとるが、息子も夢・ファンタジーで拒否しようとする。

結局おかんは死ぬが、何とも言えない虚脱感と達成感。
混ざりに混ざった感覚が押し寄せる良い童話でした。


② 22年目の告白

日本映画とは日本人が作ってる映画がほとんどのはず。
したがって日本人の日本人らしい文化と良い感性 そうでない感性が作品に出る。

そのひとつに
テンポが悪い リズム感がない と言ったことを感じたことはないですか。

この映画はその概念が打ち砕かれます。
リズム テンポ 強弱 併せ持つ、日本人らしくない進行
かと言って 和 と言ったこと、やたらミーハーなとこが共存している楽しめる映画でした。

どんでん返しが考えようによっては3回ほどありますが、2回目までは度肝抜きます!!
最後の  そいつやったのが非常に残念。
そこへのつながりは本当に平凡だと僕的には思いました。
それがわかるまではほぼ100点。
そこからラストは5点。

ですが無理やり納得すればかなり良い映画でした。

♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦ ♦

・・・・・宣伝・・・・・

6月25日 日曜日 PM2ː00~7:00
アヤハレークサイドホテル

マジックショー
大阪バーノンズバー ルビー天禄軍団 
  VS
シオミと愉快な仲間たち

6000円 軽食付き

お問合せ 八夏迄
 

怪物
22.png
IMG_8905.jpg
IMG_8907.jpg

伏見区 歯のひろば

💛伏見区 歯医者様の催し物に参加

抽選あり占いあり手品ありと、、、誠に盛大な会。
歯形をとる材料を利用して手形をとり、固めてプレゼントという企画には惚れ惚れ! アイディアに脱帽です。

本当に素晴らしいお祭りでございました。

IMG_0601.jpg

1497259136309.jpg

チョレイ




日本に帰化までして育て、日本人として日々を過ごさせる。

そこまでして送ってきた彼の日々、両親の日々に日本を愛する心がないわけがない!

魂だと思う!

ご両親には様々な思いがあるのだろう。
苦しいこと悲しいこと差別や蔑み、また、強くなってしまったがための妬み。。。。

『チョレイ』 の何が悪いんだ!と私は思う。

みんなだって 『ファイト!』 とか外国語を普通に使うじゃないか。

日本の誇りを持ってそこで育ち日本の友達に囲まれて育った彼はまぎれもなく日本人だ。

中国であろうが、韓国であろうがアメリカであろうが、在日がたくさんいる時代である。
差別や疎外感、嫌悪感がなくなるまでまだまだ遠い年月がかかる。

だけどその多くの人は日本語しか話せない。
日本の文化に、習わしに、伝統に、、、心を馴染ませて生きてきた。

戦争を知る人がまったくいない時代になればきっと大きく変わる。
敬意を忘れず、伝承を怠ったり、学習を怠らなければきっと良いほうに変われる。
戦争時代を知る人がまだたくさんいる。
いろんな伝え方があるのは仕方ない。
いろいろな伝わり方も当然だ。


だけど、『思想』 の中で描く風景が日本の人
登場人物が日本の人
思い出の場所が日本の人
戦う仲間が日本の人

もうその人は日本人だ。

すぐに差別発言をする日本人より侍だ。

日本人であるかないかは国が決めた書類か?手続きか?
そりゃそうだろう。。

だけど魂をどこに持っているかだ。

そして チョレイ

父、母の祖国は変わらない。
父、母の思い出も変わらない。

だが日本代表にまで育てた両親の生まれ育った国へのリスペクト!

私は 『チョレイ』 にそんな偉大なる誇りを感じた。

張本さん一家 頑張って!